塩エビチリ☆ヌーベルシノワ台湾風

塩エビチリ☆ヌーベルシノワ台湾風
春巻の皮に海老を包んで揚げ、トマトと豆板醤の温かいソースをかけました。進化したエビチリ、激ウマです。

材料 (2人分)

海老(ブラックタイガーなど)
10尾
春巻の皮(市販品)
10枚
香草
1株
トマト
中玉2個
1片
小さじ1
長ネギ(白い部分)
5cmほど
大さじ1
小さじ1/2

1

写真

海老は洗って、背わたを取り、殻をむく。
加熱した時に、海老が丸まらないように、腹筋を切っておく。

2

写真

香草を適当に千切る。春巻の皮に海老と香草をおき、くるくると巻いていく。固く巻くこと。

3

写真

最後は水で溶いた小麦粉(分量外)で接着する。

4

写真

同じ要領で次々と巻いていく。

5

写真

サラダ油を熱し、4を揚げる。

6

写真

キツネ色になったら引き上げ油を切っておく。

7

写真

ソースの準備をする。トマトは湯むきして、種をとる。

8

写真

トマトをザク切りにしてボールなどに入れておく。ニンニクもみじん切りにして一緒にしておく。   別のボールに残った香草&長ねぎをみじん切りにしてスタンバイさせておく。

9

写真

ソースを作る。 7の油を捨て、鍋を再度加熱して豆板醤を炒める。すぐに2のトマトとニンニクを加えて炒める。 トマトが崩れないうちに、炒めるのを止める。    香草・長ネギの入ったボールにあける。     塩・ごま油も入れて良く混ぜる。

10

写真

揚がった海老をお皿に盛り、9のソースをタップリとかけて完成。塩味を薄いと感じる場合は、塩をかける。

コツ・ポイント

☆春巻の皮はモランボンのミニを使用しています。普通の春巻の皮だと大きすぎるかも。☆9のソース作りが一番のポイントです。トマトには火が入っているけど、煮崩れていない状態(フレッシュ感の残った状態)を目指して下さい。☆パーティではソースを別に添えて、ディップにすれば海老のカリカリ感を損ないません。☆ピリ辛・トマト味のため「エビチリ」と名づけました。「違う」と思った方、大目に見てやって下さい。

このレシピの生い立ち

☆台湾の淡水で「蝦巻」というものを食べたのですが、海老が入っておらず、春巻の皮を巻いて揚げただけの料理でした。では、本当に海老を入れてみようと思い作ったのが、このレシピです。☆ソースはメキシコ料理のサルサメヒカーナを中華風にアレンジしました。
レシピID : 483341 公開日 : 08/01/05 更新日 : 09/03/31

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

2 (2人)

12/11/07

写真

エビに春雨をプラスして。お酒のお供にしました♪

eko1010

つくれぽ、ありがとう。春雨入りも美味しそうですね。

11/01/06

First tsukurepo mark
写真

簡単にトマトソースも美味しくて、パーティーメニューに加えます☆

miotan

ありがとう。綺麗に揚がっていて美味しそうー。