温活の自然薯とカボチャのミニ伊達巻風

温活の自然薯とカボチャのミニ伊達巻風
豆乳や豆腐は使いません! 量が少ないので小さめ。自然薯の粘り気で生地をまとめる。ブラックソルトで卵風の味に。

材料 (2人分)

カボチャ濾したペースト
110g
自然薯限定すりおろし
70g
ベジブロス(野菜ダシ汁)
おたま1杯分
発芽玄米レジスタントスターチ
50gほど
(発芽玄米炊いて完全に冷ましておき、発芽玄米100gに対して 浄水150gでガァーしたもの)
↑(250gのうちの一部)
ココナッツパウダー(ココウェル限定)
20g
32ミクロン米粉(または、細微粉末)
20g
3年熟成本みりん 煮切った状態
大さじ2
菜種オイル
5g
指定:ブラックソルト
3つまみ

1

私は、ガスオーブンで アナログ表示の一番低い温度 150℃に設定して余熱
  

2

カボチャはあらかじめ蒸しておいて、皮の部分は、今回使わず、オレンジのところを濾しておく

3

自然薯をすりおろし、ボールにいれ、その次に2を混ぜて、色を一体化させる

4

3にベジブロスを加え、塊を緩めながら、発芽玄米レジスタントスターチ、あらかじめ煮切っておいたみりんを加えていく

5

粉類を次々とボールに入れて混ぜていき、ブラックソルトを混ぜ込んで、最後にオイルを足して念入りに混ぜる

6

天板にクッキングシートなどを敷き、18センチか20センチのセルクルスクウェア型を置き、そこに5を平らに水平に詰めていく

7

ガスオーブン(低温)で天板で上に必ずふたをして、20分蒸し焼きにし、その後、ふたをはずして、5分ほど焼く。

8

焼きあがったら、オーブンから出し、ふたを再びして、粗熱を5分から10分ほどとる。

9

人肌の温度いくらいの時に、ゆっくりシートを外して、巻きすなどで、硬めに巻いて完全に冷めるまで放置する

コツ・ポイント

下準備をしっかりしておく。

蒸し焼きにするため、必ず ふた をして20分

その後ふたを外し、5分ほど焼いて、オーブンから出して、またふたをして5分ほどで粗熱をとる。




人肌ぐらい暖かいときに、やさしく巻きす押し固めるように巻く。

このレシピの生い立ち

カラダを温める 自然薯で作れる。

自然薯の粘りで、生地をまとめることができる。

豆乳や豆腐を使わなくて済む

発芽玄米レジスタントスターチは何にでも使える。
レシピID : 4867669 公開日 : 18/01/01 更新日 : 19/01/03

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」