《京都 綾部》山家のコリンキー羊羹

《京都 綾部》山家のコリンキー羊羹
コリンキーはカボチャの品種の一つで、生でも食べられることが特徴です。京都綾部産コリンキー(南瓜)を羊羹に加工しました。

材料

コリンキー
500g
寒天
7g
300cc

1

コリンキーの皮を取り2~3cmの乱切りにしたものを鍋に入れ、ひたひたの水(分量外)で煮込む。

2

写真

水分が半分くらいになった所でグラニュー糖を加えジャムを作る要領で水分がなくなるまで煮詰めて一旦火を止める。

3

水300ccに寒天を入れ、1のジャム状になったコリンキーに加え煮詰める

4

鍋底がじりじりと焦げ付きそうになるまで木しゃもじで混ぜながら煮詰めて約40分練り込む。

5

写真

型に流し入れたものを冷蔵庫で冷まして固める。

コツ・ポイント

コリンキーはねっとりとして甘みがあり、ポタージュスープやジャムにも適しているため、食べてビックリ!!とても味わい深い羊羹になりました。鍋底がじりじりと焦げ付きそうになるくらいまで丁寧に練り込むことで、滑らかできめの細かい羊羹になります。

このレシピの生い立ち

カボチャは綾部市で多く作られています。コリンキー(かぼちゃ)をジャムに加工したところ、とてもフルーティーで粘りがあり美味しかったので、このジャムを利用して羊羹を作ろうと考えました。比較的新しい品種のコリンキーの美味しさを広く味わってください
レシピID : 4995012 公開日 : 18/03/23 更新日 : 18/03/23

このレシピの作者

京都の「食」といえば、なんといっても京野菜☆

京都の気候風土と肥沃な土壌、豊富な水を活かして作られ改良され、独特な味、香り、彩りを有しています。

でも、敷居が高いと感じていませんか?そんな皆さんに、旬の京野菜をはじめとした京都府産食材を気軽に楽しんでいただける公式キッチンを開設しました!

ぜひチェックしてください。

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」