牛肉のサラダ、タリアータ風

牛肉のサラダ、タリアータ風
イタリア料理のタリアータをお惣菜用にリメイク。失敗しない味付けで、お肉も柔らかくジューシーに。

材料 (4人分)

牛肉ステーキ用
4枚
ミックスサラダ(市販)
2袋
2かけ
パルミジャーノレジャーノ
適量
a ニンニクおろし
小2
a 塩胡椒
少々
a 液体塩麹
大2
a トレハロース
小2
a ローズマリー
小1
a 赤ワイン
大4
b バルサミコ酢
大1/2
b やさしい黒酢
大1
b 赤ワイン
大2
b 粒マスタード
小1
b 醤油
小1/2
b バター
10g

1

調味料 a を合わせる。
順番に合わせてバットにいれる。

2

牛ステーキ用肉のスジ切りをして、紙タオルで表面の水分、血液等を拭き取る。

3

[1]のバットに並べ、漬け汁を良く絡ませる。冷蔵庫に半日置く。

4

野菜の準備
市販のミックス野菜で充分です。今回は、マシュルームの薄切りとミニトマトの4つ切りを追加しました。

5

フライドニンニク
ニンニクを薄切りにして、フライパンでオリーブ油とともにカリカリになるまで炒める。油を切る。

6

パルミジャーノレジャーノ
塊の場合、ピーラーで薄切りにして[4]サラダにトッピングする。

7

調味料 b を合わせておく。

8

ニンニクを炒めた後の[5]のフライパンで牛肉を焼く。中火点火。フライパンの表面が充分熱くなったら、肉の表面を焼く。

9

片面1~2分ずつ焼く。焦げ目がついたらアルミホイルで包み、2分保温した後、切り分けてサラダの上に盛り付ける。

10

肉を焼いた後のフライパンに調味料 b とアルミホイルに残った肉汁、漬け汁のあまりを加えてバターとともに煮詰める

11

味見をして、酸味が強ければ砂糖を、塩味が強ければワインで伸ばし味を調節する。

12

出来上がったソースをお肉の上にかける。上にフライドニンニクをトッピングする。出来上がりです。

コツ・ポイント

お肉を焼く前に、スライスニンニクをしっかり油で炒めて、香りを油に移す。カリカリに揚がったニンニクのトッピングも美味しさの決めてです。

このレシピの生い立ち

イタリアンなステーキサラダ☆タリアータ ID:3111997 を参考にしました。
予め、ステーキ肉をつけ汁に漬ける事で安定した下味が付き、塩麹の効果で安い肉も柔らかくなる様に工夫。
仕上げは、やさしい酢で柔らかい酸味をプラス。
レシピID : 5044591 公開日 : 18/04/28 更新日 : 18/04/28

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」