シンプルな干し竹の子の塩きんぴら

シンプルな干し竹の子の塩きんぴら
干し竹の子の歯ざわりと風味が大好きです。
乾物の凝縮されたうまみを感じます。
実家にいる頃、祖母がたまに、こうやってシンプルに塩と醤油で炒めてくれてました。
乾物なので常備できるし、冷めても美味しくてお弁当にも便利♪


材料 (2~4人分)

乾燥竹の子
一袋
大さじ2~3
適量
適量

1

乾燥竹の子は軽く洗って鍋にいれて水につけしばらくおいておきます。
ある程度おいたら、鍋ごと火にかけ、干し竹の子が柔らかくなるまでゆでます。
茹で上がったら綺麗に洗い、太めの千切りにしておきます。

2

フライパンに植物油をひき、種を除いた赤唐辛子を細い輪切りにしていれます。
弱火で辛味を油にうつします。
そこに切った干し竹の子を入れ、強火にして炒めます。

3

干し竹の子に塩をふって更に炒め、味を見ながら薄目に味がついたら、薄口醤油を鍋肌からかけて、サッと炒め合わせます。

コツ・ポイント

特にはないです。
いつも味付けは適当なので分量は記載してませんが、少量でも薄口醤油は結構塩味が付くので、最初の塩は加減して入れたほうがいいかもしれません。

このレシピの生い立ち

祖母がたまに干し竹の子のこういうシンプルな塩醤油炒めを作ってくれてました。
シンプルだけど乾物の竹の子の味と歯ざわりがとても美味しいんです。
これに豚肉が入ったバージョンにすると夕食の主菜にもなります。
今回は、両親から乾燥竹の子が届いたので作ってみました。
塩は使わず、薄口醤油だけで味付けしても美味しいです。
レシピID : 506318 公開日 : 08/02/12 更新日 : 09/01/20

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

15/11/20

First tsukurepo mark
写真

食感が良くてつまみにピッタリですね。豚バラ、ししとうをプラスです

のんけんな

レポ有難うございます♪歌バラししとう+で主役に昇格できそう♪