甘納豆とキタノカオリのクイックブレッド

甘納豆とキタノカオリのクイックブレッド

Description

発酵なし。混ぜて焼くだけ簡単なクイックブレッド(ソーダブレッド)。強力粉を成形してハード系に。国産小麦の旨味が最高です!

材料

北海道産キタノカオリ強力粉
200g
キタノカオリ石臼全粒粉
100g
※他の強力粉と全粒粉でもOK!
(300g)
2g
自家製ベーキングパウダー
15g
※自家製BPのレシピはID:5103307
(15g)
※重曹5g、クエン酸4gでも代用可能
(5g+4g)
具材
甘納豆
100g
液体
米油
20cc
打ち粉

作り方

  1. 1

    <準備>オーブンを予熱200度にセット。

  2. 2

    写真

    計りにボールとザルを置いて、0gにセット。
    粉類の重さを計りながら、順番に入れていきます。

  3. 3

    写真

    自家製または市販のベーキングパウダー15gを粉に入れます。
    ※自家製BPのレシピはID:5103307

  4. 4

    <ポイント>
    ベーキングパウダーの代わりに、重曹5g、クエン酸4gでも美味しく膨らみます。

  5. 5

    写真

    ザルで粉をふるいます。
    <ポイント>
    強力粉でクイックブレッド を作る時は全粒粉や米粉を20%以上使うと上手く焼けます。

  6. 6

    写真

    泡立て器で混ぜ合わせます。
    <ポイント>
    強力粉だけでクイックブレッドを作ると、どうしても硬くなりがちです。

  7. 7

    写真

    甘納豆を粉に入れて、軽く混ぜます。

  8. 8

    写真

    計りにボールを乗せて、0gにセット。
    豆乳、米油を計測します。
    ※今回はヨーグルトなどの動物性脂肪はなしで作ります。

  9. 9

    写真

    泡立て器で軽く混ぜます。
    <ポイント>
    液体に油脂を足すと乾燥しにくくなり、日持ちします。

  10. 10

    写真

    粉に液体を8割ほど入れ、シャモジで素早く混ぜます。

    ※ヘラよりシャモジの方が、素早く混ぜれるので愛用しています。

  11. 11

    写真

    <ポイント>残りの液体を「少しずつ入れて」混ぜます。一気に全部入れてベチャっとした生地になると、成形がし難くなります。

  12. 12

    写真

    <液体を全部入れても粉っぽい場合は?>
    豆乳を少しずつ入れて、粉っぽさをなくします。

  13. 13

    写真

    全体がしっとりしたらOK。
    レシピ本のクイックブレッドより水分量が多いのが特徴です。

  14. 14

    写真

    打ち粉用に米粉(または全粒粉)を、全体にまぶす程度に振りかけます。

  15. 15

    写真

    <ポイント>
    サーモスクレーパーを使って、生地を左右に転がすように動かし、米粉を生地全体に行き渡らせます。

  16. 16

    写真

    <ポイント>
    生地を転がすように動かしていくと、デコボコだった表面がプルンと綺麗になり、捏ねずに成形ができます。

  17. 17

    写真

    オーブンの丸皿にクッキングペーパーを敷き、生地をのせます。両手でお好みの形を整えます。

  18. 18

    写真

    ナイフで切れ目(クープ)を縦に1本いれて、オーブンへ。
    200度から180度に落として30分〜40分焼きます。

  19. 19

    写真

    180℃40分、フランスのハード系みたいに焼き上がりました。
    中まで焼けてない場合は、5分単位で延長して焼きます。

  20. 20

    写真

    外はカリッ!中はホロホロ。キタノカオリと甘納豆のコンビは、日本ならではの美味しさ。特に焼きたては最高です!

  21. 21

    写真

    <ポイント>
    ハード系のようで中身は焼菓子。
    高温で焼くより、180度でゆっくり焼いた方が、皮も薄く仕上がります。

  22. 22

    <ポイント>
    混ぜるときや成形するときは、捏ねないこと。
    グルテンが出すぎると、クイックブレッドが硬くなります。

  23. 23

    <北海道産キタノカオリ>
    粉の旨味・甘味・もっちり感は最高。クイックブレッドにも使いやすく、オススメします。

  24. 24

    <国産小麦、地産地消、応援します!>
    クイックブレッドを作るようになって、美味しい国産小麦が沢山あることを知りました。

コツ・ポイント

クイックブレッドでもフランスのハード系みたいに焼いてみたい。それがこのレシピの始まりでした。毎日アレンジを繰り返し、捏ねずに成形ができて、美味しく焼けるようになりました。
国産小麦の美味しさも、多くの方に知ってもらえれば。

このレシピの生い立ち

イギリスでソーダブレッド(クイックブレッド)に出会ったのがきっかけです。重曹でパンが焼けるという簡単さと、素朴な美味しさ、そして料理とは異なる理系的な面白さにハマって、毎日のように焼いています。
レシピID : 5110001 公開日 : 18/06/07 更新日 : 18/06/07

つくれぽ みんなのつくりましたフォトレポート

 
コメントを書くには ログイン が必要です