手のひらガレット。

手のひらガレット。
フェルデールシェフが教えてくれた「手」で触れる材料の感触。出来上がったお菓子が、より身近に感じられますよ。

材料 (天板1枚分(小さめ20~25個))

バター
80g
50g
○薄力粉
150g
○シナモン
小さじ1
○塩
(2本指で)ふたつまみ
2個
ラム酒
大さじ1
 
ドレ用卵黄
1個
(2本指で)ふたつまみ

1

<下準備>■材料は室温に戻します。■○印の粉類を合わせてふるい、大きめのボウルに入れます。■生地に入れる卵黄をラム酒と合わせて溶いておきます。

2

ふるった粉に、バターを加え、手のひらと指先を使って、やさしくこすり合わせながら、なじませていきます。バターの量が多いので、力を入れると塊ができてしまいます。やさしく、やさしく、均一になるように手のひらでこすり合わせます。

3

細かいパン粉状になったら、用意しておいた卵黄とラム酒を溶いたものを加えます。大きな動きで、練らないように、卵黄を全体にいきわたらせます。だいたいなじんだら、少し力を入れて、全体をひとつにまとめていきます。

4

ひとまとまりになったら、オーブンペーパーの上に取り出し、上からもう1枚オーブンペーパーをかぶせて、麺棒で厚さ1cmに伸ばします。なるべく四角くなるように。そのまま、冷蔵庫で1時間以上休ませます。

5

オーブンを210度に予熱します。休ませた生地を取り出し、卵黄に塩を混ぜてといたものを刷毛で塗ります。パレットナイフ(包丁)で、四角に切り分けて、オーブンシートを敷いた天板に並べます。(パレットナイフは1回ずつ拭きましょう!)

6

切り取った端っこの生地も、適当な大きさにまとめて味見用に一緒に焼きましょう^^。フォークで表面に模様を付けて、予熱したオーブンで12分程度焼いて完成です。焼けたら網の上で冷ましましょう。

コツ・ポイント

「手」で感触を確かめながら作ると、いつもと違う発見があります。手が汚れちゃうのが面倒で、道具任せにしてしまいがちですが、ぜひ、触ってみてください。

このレシピの生い立ち

シェフに教えてもらったスコーンの製法で印象的だった、「粉とバターをしっかりなじませる」ことと、「高温で焼く」ことを取り入れて、マフィンに引き続き、ガレット風のクッキーを作ってみました。ガレットは本来丸い厚焼きクッキーですが、シェフがスコーンを作るときに、抜かずに切った方が生地に無駄がない。とおっしゃっていたので、四角にしてみました。
レシピID : 523655 公開日 : 08/03/05 更新日 : 08/03/06

このレシピの作者

つくれぽの掲載がのんびりすぎてごめんなさい。
コメントは、みなさん同じメッセージに統一させてもらっています。
でも、みなさんにいろんなレシピをチャレンジしてもらえて、とっても嬉しいです。
どうもありがとう!

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

56 (52人)

19/03/18

写真

友人へのプレゼントに。とっても好評でした、素敵なレシピ感謝です!

クック9ATYLO☆

つくれぽ、どうもありがとうございます!

17/08/23

写真

ミニ丸型で!有塩バターで作ると塩味効いて○!プレゼントの定番♪

Mana_Twins

つくれぽ、ありがとうございます!

17/08/23

写真

大好きなガレットを手作り出来て最高!簡単で美味、リピ確定♪

Mana_Twins

つくれぽ、ありがとうございます!

17/06/04

写真

ごちそうさまでした!

rui_821

つくれぽ、ありがとうございます!

1 2 3 4 5