幸せになる味♪ かにクリームコロッケ♪

幸せになる味♪ かにクリームコロッケ♪
こんがり黄金色の衣からリッチなソースにからまったカニとあめ色玉ねぎがとろ~り♪ クリームコロッケってどうしてこんなに美味しいの♪ 応用の効くホワイトソースの作り方の詳しい説明つき。

材料 (4人分)

<ホワイトソース>
バター
大さじ5
小麦粉
大さじ5
牛乳
300cc
150cc
塩・こしょう
適宜
<中身の具>
カニのむき身、またはカニ缶
約200g
玉ねぎ
1個~1個半
大さじ1
塩・こしょう
少々
小さじ2
砂糖
小さじ1
<衣用>小麦粉
必要量
<衣用>卵
必要量
<衣用>パン粉
必要量

1

写真

ホワイトソースを作る。テフロン加工のフライパンにバターを入れ弱火にかける。少し溶けてきたら小麦粉を加えて、ゆっくり火を通していく。絶対焦がさないように、常にかき混ぜて。

2

写真

最初ボソボソしていたものが、やや液状になるまでよく炒めたら(上記写真の状態)、牛乳を加えて伸ばしていく。牛乳は冷たいままでも大丈夫ですが、あくまでも少量ずつ加えることを原則に。

3

写真

牛乳を少量ずつ加えて伸ばしていくことを何度も繰り返し、だまにならないように気をつけながら、滑らかなソースを作っていく。

4

写真

だんだんと柔らかく、ソース状になってくるので、分量の牛乳を全部入れたら、弱火で煮込んでいく。コロッケに仕上げるので、少々固めのホワイトソースになるよう煮詰めて水分を飛ばしていく。

5

写真

塩・こしょうで調味する。生クリームを加えてコクを足す。さらに沸騰させないよう煮込んで、適した固さになってら火から降ろして冷ます。小麦粉と牛乳の量を調節すれば、別のレシピに応用できるホワイトソースができます。

6

写真

中身の具を作る。玉ねぎを薄切りにし、少量のバター(分量外)をフライパンに熱して玉ねぎを炒めていく。焦がさないよう、じっくりとあめ色になるまで丁寧に。これで玉ねぎの甘さがじっくり出ます♪

7

写真

玉ねぎが炒まったら、カニを投入。よく混ぜ合わせる。カニ缶の場合は汁があればそれも残さず入れる。白ワインを振り入れる。

8

写真

塩・こしょう、砂糖、カレーパウダーで調味する。(コロッケは全然カレー味がしませんのでご安心を。)

9

写真

できあがっているホワイトソースと具を混ぜ合わせて冷まし、平たい容器に入れて冷蔵庫でしっかり冷やす。成型しやすくするためです。

10

写真

コロッケに成型していく。 1個分を大き目のスプーン2本ですくい取り、丸めるようにして小麦粉のボウルに落とす。

11

写真

転がして俵型にまとめ、バットに並べていく。全部成型できたら、また冷蔵庫で冷やす。(生地が緩むと卵&パン粉をつけるのは至難の業。笑)

12

写真

冷蔵庫で冷やして扱いやすい硬さになったら、衣をつける。
先につけた小麦粉が湿気ているようなら、再度小麦粉を軽くつけ、卵液をくぐらせてパン粉をつける。
この段階まで仕上げて冷凍しておけます。

13

温度に注意しながら揚げていく。一度にたくさん入れると油の温度が下がってパンクするので気をつけてください。また触りすぎても衣が破れるので、表面がカリッツとするまでガマンガマン。

14

写真

中身がとろ~り♪ デミグラスソースを添えて食べましたが、そのままでももちろん、トマトソースも合います♪

コツ・ポイント

ホワイトソースと玉ねぎは絶対に焦がさないように。もしホワイトソースがだまになったら、泡立て器でかき混ぜれば滑らかになります。具材にカレーパウダーを入れるのは、味をしめるためです。成型が一番の難関だと思われるので、とにかくたねがだれないようしっかり冷やして、また濡れた手で扱わないことも大事です。今回、カニは茹でたむき身を使用。

このレシピの生い立ち

クリームコロッケが大好き♪ でも簡単に冷凍ものが手に入らないのです。おまけに冷凍食品にちょっと不信感があるこの頃。それにいっぱい食べたいし(笑)、となれば自分で作るしかないのです~。たっくさん作って冷凍しておけば、好きなときに食べられるので便利です。変な添加物も入ってないしね~♪
レシピID : 531180 公開日 : 08/03/18 更新日 : 08/03/22

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

12/10/09

First tsukurepo mark
写真

私の大好物♪本格的な味で、嬉しかったです(^^)♪

sayo☆彡

手間はかかりますが満足度は大きいでしょ♪どうもアリガトウ♪