柿ぜんざい

柿ぜんざい

Description

岩手県一関エリアの干し柿の甘味を活かした、砂糖を使わないぜんざいです。(農林水産省)

材料 (4人分)

干し柿
2個
甘酒
150ml
200ml
紅丸餅
4個
4枚

作り方

1

干し柿を包丁でつぶしてペースト状にし、甘酒、水と合わせて、弱火で15分煮込む。

2

ブレンダー又はミキサーで完全にペースト状にする。

3

紅丸餅の上に2をのせる。

4

その上にミントを添える。

コツ・ポイント

ブレンダーなどでしっかりペースト状にすることで舌触りが良くなります。

このレシピの生い立ち

個性的な食材や伝統料理を楽しめる農泊地域と、そこで活動したい意欲ある料理人を結ぶ取り組みの一環で行われたモニターツアーにて料理人の伏木暢顕さんが開発したレシピです。詳しくはこちらhttps://satochef.jp/
レシピID : 5521269 公開日 : 19/12/02 更新日 : 19/12/02

このレシピの作者

農林水産省では、食料の安定供給、農山漁村や食品産業の振興など、多岐にわたる業務に取り組んでいます。公式キッチンでは、旬や話題の食材を使用したレシピや地方に伝わる郷土料理などを掲載していきます。皆さまの「食」に関する新たな発見に繋がれば幸いです。

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」