減塩はちみつ梅干し

減塩はちみつ梅干し

Description

塩3%のはちみつ梅干しです

材料

完熟梅
2kg
ホワイトリカー(焼酎)
200g
60g
600g

作り方

1

写真

しっかり洗って、ヘタを取って水に1時間つけて、灰汁抜きします。
その後は乾かすか、水を拭き取ります。

2

写真

材料を用意します。

3

梅をホワイトリカー(焼酎でも良い。私は焼酎でやりました)にくぐらせてから塩をつけます。

4

写真

こんな感じでやると、塩が足りない感じでも、ボールをグルグル回すと全体に塩がつきます。

5

写真

焼酎やホワイトリカーで消毒済みの容器に入れていきます。

6

写真

減塩なのでカビが怖いので、ヘタの部分に塩を埋めます。

7

写真

全部入れたら、ボールに残った塩を上から入れます。ほとんど残ってないけど。

8

写真

重石をホワイトリカーか焼酎で消毒してから梅の上に乗せます。

9

写真

蓋を乗せると、灯篭みたい…(笑)

10

写真

ビニール袋をかぶせて冷暗所に。

11

写真

翌日から、梅酢があがるまで毎日見て下さい。

12

写真

まだ1日目はあまり梅酢があがらず…

13

写真

少しずつ梅酢が上がって来ました。

14

写真

毎日、梅酢の様子を見ましょう。

15

写真

やっと、ひたひたくらいに梅酢が上がって来ました。翌日にはちみつ投入予定

16

写真

梅酢が上がってきたので、はちみつを用意します。

17

写真

はちみつは直接入れずに、梅酢を容器に入れて、はちみつと混ぜてから壺に入れます。

18

写真

梅がしっかり梅酢に浸かっていたら、重石は半分にします。

19

写真

カビに注意しながら見ましょう。干す日まで毎日チェック。

20

写真

たまに壺をフリフリします。

21

写真

蓋も出来るので、蓋をして、ビニール袋をかぶせて、毎日チェックしながら干す日を待ちましょう。目安は1ヶ月後。

22

約1ヶ月くらいの梅雨明けで最低でも3日間晴れる日まで待って下さい。

23

写真

カビも無く、明日から晴れが続くので、明日から干します。

24

写真

まず、ザルと、レジャーシート(ザルの下にひくもの)を用意します。
我が家はレジャーシートは百均で買いました。

25

梅を取り出し、ボールなどに入れて、ザルと、レジャーシートと梅を持って、干す場所に移動。

26

写真

ザルに梅が重ならないように並べて下さい。
お日様が出てるうちに干して、半分くらいの時間でひっくり返します。

27

ハチミツ入りなので梅酢は日光浴させなくて大丈夫です。

28

※梅を干して、途中でひっくり返す時、ハチミツでザルに梅がひっついている時があるので、丁寧に扱って下さい。

29

夕方に梅を梅酢に戻します。重石は無くして、落とし蓋などで梅が梅酢に浸かってるようにして下さい。

30

私は気分的にもう少し干していたかったので、合計5日間干しました。

31

写真

最終日はタッパーに入れて、常温保管。

32

※梅酢は冷蔵庫にしまって置いて、料理などでも使えます。

コツ・ポイント

減塩は塩が少ない分、カビが怖いので、チェックしましょう。
はちみつは直接入れずに、別の容器で梅酢と溶いてから入れます。
梅雨明け後は天気予報と相談です。台風なので急に天気予報がずれるので。

このレシピの生い立ち

酸っぱい物が苦手な家族が多いので、毎年、漬ける度に塩を減らして、とうとう3%に。
レシピID : 5725306 公開日 : 19/08/03 更新日 : 19/08/03

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」