葡萄と林檎のタルト

葡萄と林檎のタルト
大粒の巨峰と早生林檎を使い、秋のタルトを作りました。
巨峰の味がタルトに染み込んでしっとりしています。

材料 (20cmタルト型1台)

20センチタルト台
1台(今回は市販品を利用)
 
~コンポート~
★葡萄(今回は巨峰を使用)
30粒
★水
鍋に葡萄を入れたときかぶる量
★砂糖
水の量の40%量
 
~林檎のカラメル煮~
☆リンゴ
半分
☆砂糖
大さじ2
☆水
50cc
 
~アーモンド生地~
無縁バター
80グラム
砂糖
70グラム
80グラム
 
~葡萄あめ~
コンポートの煮汁
200cc+α(とろみを加減するため)
砂糖
大さじ2
 
オレンジ
1個

1

~葡萄のコンポートを作る~
               

2

葡萄を丁寧に洗い、鍋につかる量の水と、それに合わせた分量の砂糖を加え沸騰させる。
その中に葡萄を加え、5分間煮る。(1粒は生のまま仕上げ用に残しておく)

3

皮を取り、そのまま冷まして、しばらく漬け込む。

4

~林檎のカラメル煮を作る~

5

林檎は皮つきのまま塩水で洗い、薄いくし型に切る。

6

鍋に林檎と砂糖を加え火にかけ、色がつき始めたら水を入れて林檎がしんなりするまで煮る。

7

~アーモンド生地を作る~

8

室温に戻したバターに砂糖を加えクリーム状にし、卵を少しずつ加えて良く混ぜる。

9

アーモンドパウダーを加え、アーモンドオイルを数滴入れる。

10

タルト台にアーモンド生地を流し入れ表面をならし、180℃のオーブンで30分焼く。

11

~葡萄あめを作る~

12

コンポートの煮汁200ccに砂糖を加え水あめ状になるまで煮込む。(予熱で硬くなりすぎた時は、煮汁を少し足して調整する)

13

タルトが焼きあがったら外周に葡萄、林檎、葡萄、林檎と順に並べ、内側に実だけはずしたオレンジを飾り最後に生の葡萄を皮を花形に飾り切りしてのせる。

14

葡萄あめを艶出しとして刷毛でたっぷりと塗る。(アーモンド生地に染み込んでしっとりと仕上る)

15

フルーツが落ち着くまで暫く冷蔵庫で休ませて出来あがり♪

コツ・ポイント

艶出しの葡萄飴はコンポートの煮汁を利用して作ります。

このレシピの生い立ち

美味しそうな巨峰を見てひらめきと直感で作りました。
レシピID : 64669 公開日 : 02/09/16 更新日 : 02/09/17

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」