究極のきんぴらごぼう

究極のきんぴらごぼう
今まで食べてきたきんぴらはすべて過去のものになるとまで言わしめた、究極のきんぴらごぼうです。調理時間は15分くらい。

材料 (2~3人分)

洗いごぼう
1本
にんじん
1本
適量
30cc
鎌田のだし醤油
適量

1

写真

洗いごぼうは、皮をむかずにピーラーで薄切りにします。(ふつうのごぼうの場合は泥を落としてから。あまりゴシゴシしないこと)

2

写真

ひたすらそれをやると、結果このようになります。水にさらしたりせず、このままにしておいてください。

3

写真

にんじんも、皮をむかずにピーラーで薄切りにします。

4

写真

結果、にんじんもこのようになります。こちらも水にさらしたりしません。

5

写真

ごぼうとにんじんを食べやすい長さに切ります。それぞれ5cmくらいを目安にすると良さげです。

6

写真

フライパンにごま油を適量たらします。火は中強火とか、まあ適当に。

7

写真

最初ににんじんを入れます。薄いのですぐに火が通ります。

8

写真

そうしたらもう直後くらいで良いのですが、ごぼうを入れます。

9

写真

ごぼうは何枚も重なってしまいがちなので、箸でめくったりはがしたりしながら、黄色っぽくなるまで炒めます。

10

写真

酒を30ccくらい入れ、じゅわーっといわして酒を飛ばします。(写真は、わかりにくいけど、じゅわーっといっているところ)

11

写真

弱火にして、鎌田のだし醤油をお好みの量だけ入れてかきまぜます。なんというか、僕はけっこう入れます。

12

写真

お皿に盛り付けて出来上がり。ごぼうとにんじん自体の甘味とパリパリとした歯ごたえがたまりません!

コツ・ポイント

ふだんお使いの醤油を使ってもらって構わないとは思いますが、とりあえず僕としては鎌田のだし醤油をモーレツに推奨しておきます。

調理しながらの写真撮影は危ないので止めましょう(謎)。

このレシピの生い立ち

「ためしてガッテン」発見!究極のきんぴら活用術(2005年10月26日放送)で紹介されていたきんぴらごぼうですが、千切りのことを失念したり鷹の爪を入れ忘れたりしているうちに、独自の進化を遂げました。
レシピID : 706418 公開日 : 08/12/30 更新日 : 09/01/04

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

4 (4人)

14/09/26

写真

だし醤油たーっぷり入れました!美味しかったです♫

あかまやかなさ

たーっぷり入れるとおいしいですよね!

11/10/10

写真

まさに究極です!だし醤油、たしかに結構入れた方が◎でした!

maboroshi

究極を感じて頂いてありがとうございますー!

10/01/09

写真

私も鎌田のだし醤油愛用中です♪とってもおいしく作れました。

macha_san

丁寧な細切りでちょっとうらやましいです。おいしそう!

09/08/12

First tsukurepo mark
写真

とても気に入りました!夫がきんぴら大好きなので頻繁に作ります!

fim

おお、ついに究極のきんぴらにもつくれぽが!待ってました!!