HBと豆腐で簡単!夏も膨らむ食パン

HBと豆腐で簡単!夏も膨らむ食パン

Description

膨らみにくい夏はこれで乗り切る!
豆腐の水切り不要♪
材料を順番に型に入れて、HBで焼くだけ。
◎膨らむコツ付き◎

材料 (1斤)

豆腐
150g
牛乳(水でもOK)
100g(100cc)
3g
砂糖
35g
250g
ドライイースト
3g
無塩バター
30g

作り方

  1. 1

    写真

    牛乳は一度沸騰させてから常温に置いて冷ます。(イースト菌を殺す成分「カゼイン」が入っていて膨らみにくいけどこれで解決!)

  2. 2

    写真

    牛乳は、冬は20~30度くらい、夏は冷蔵庫で冷やしたものが最適です。
    バターは小皿に入れて測り、常温に戻して練っておく。

  3. 3

    写真

    型に、材料の上から順に、豆腐、牛乳、塩、砂糖、強力粉の順に入れる。

  4. 4

    写真

    ■はかりに型を乗せてからONにする。材料ひとつずつ入れる度にOFFにして0gにして入れると、別で測らずに足していけます。

  5. 5

    写真

    ■豆腐は木綿でも絹ごしでもOK。
    水切りナシでそのまま型に入れてください。(パックの水は入れないでください)

  6. 6

    写真

    強力粉の真ん中を少し窪ませてイーストを入れる(強力粉以外に触れさせない)
    夏は発酵が終わるまでHBの上に保冷剤を乗せる。

  7. 7

    焼き色「うすい」設定にして焼く(砂糖等の糖分で色が付きやすいので、一番薄い設定で焼くのがオススメ)タイマー15分セット。

  8. 8

    写真

    15分経ったら一度取消し、バターを入れて「うすい」で再スタート。
    (バター後入れ、15分長く練ることでより膨らみます♪)

  9. 9

    写真

    焼けたら、型からすぐに出して網の上に置く。
    羽根を取り除く。

  10. 10

    写真

    ビニール袋等を上からかぶせる。(袋の下は空けておいてください)
    蒸気で、表面が固くならずしっとりします♪

  11. 11

    写真

    粗熱が取れてから切る。

  12. 12

    写真

    ■豆腐は小3個売りの1パックを使いました。
    ちょうど150gです♪(3斤作れます)

  13. 13

    写真

    ■強力粉はパン専用を使用した方が、パン作りに適しているのできめ細かいため、よりおいしいパンが作れます!

  14. 14

    ■より膨らますために、夏は牛乳や水に氷1つ入れます。(入れて同じ分量)
    スタートすると最初は音がしますがすぐに溶けます。

  15. 15

    ■夏は室温20度以上になると膨らみにくい。
    室温を調整する、HBを涼しい場所に置く、材料を全て冷蔵庫で冷やしてから使う。

コツ・ポイント

イーストに、バター、塩、砂糖、水分が触れると、焼く前に発酵が始まってしまい膨らみません!
強力粉の上にイーストを乗せて焼くと、触れずに膨らみやすいです。

焼きあがったらすぐに型から出さないと焼きすぎてしまうので、すぐに出して網の上に置く。

このレシピの生い立ち

膨らませるために豆腐を入れてみたら、夏でもふわふわもちもちに♪

膨らみにくい要因(季節、気温、湿度、粉の量、水の温度、HB取説レシピでも膨らまない等)が多々あっても失敗したくなくて、膨らむコツを調べて自分なりに実践した覚書です。
レシピID : 7135498 公開日 : 22/06/21 更新日 : 22/06/28

つくれぽ みんなのつくりましたフォトレポート

 
コメントを書くには ログイン が必要です

ログイン
「いいね」を伝えるにはログインが必要です
ログインする
0 いいね