うなぎの蒲焼もどき(精進料理)

うなぎの蒲焼もどき(精進料理)

Description

精進料理の”蒲焼”をご紹介。元々は僧侶の料理ですが、ここで紹介するものは本格的では無く、自分流にアレンジしてます

材料 (2枚分)

木綿豆腐
1丁
さくら海老(乾燥)
大さじ 1
大さじ 2
少々
少々
海苔
1枚
蒲焼きのタレ(市販)
適量

作り方

1

写真

豆腐に重しをして、よく水切りしておきます。皿などを乗せて、キッチンタオルでくるんでおくと良いです

2

写真

山芋の皮を剥き、すりおろします。芽や黒い部分も取り除きます。桜海老をミル又はすり鉢で粉末にします。

3

写真

ボールに1.2.その他の材料を入れ、練ります。豆腐が滑らかになるまで練りこみます。食感をよくする重要な工程。

4

写真

混ぜ合わせて、まとめておく。

5

写真

クッキング シートを適当な長さに切り、その上に半分に切った海苔を置く。パレットナイフで生地を海苔に塗って行く。

6

写真

生地を載せたら、パレットナイフで”うなぎ模様になるようにデザインする。この工程が出来不出来を左右する一番重要なところ

7

写真

うなぎに見せられるかが、ここで決まる。スーパーの広告の写真を見たり、本物を参考にすると、うまく似せられると思います。

8

写真

クッキングシートに乗せたまま、低温の油で揚げる。温度が高いと、爆発して”うなぎ模様”が消えてしまう。

9

写真

揚げの作業が終わったら、刷毛で蒲焼のたれをたっぷり塗ってオーブンで焼く。揚げてあるので、きれいに焼き色がついたら終わり。

10

写真

串をさして、焼いても良い。より”本物”感が出る。

コツ・ポイント

うまく”うなぎ”に見せられるかは、新聞の折込チラシ(スーパーの広告の写真)を見たり、本物を買ってきて参考にする事により、本物に近くなると思います。私は、勝手に想像だけで作っています。

このレシピの生い立ち

精進料理の”うなぎの蒲焼もどき”をご紹介します。うなぎの味を出す事は出来ませんが、出汁を工夫する事により色々な味が楽しめます。今回は桜海老味の蒲焼にしました。工夫次第でどんな味にも出来、味のバリエーションの多い料理です
レシピID : 1660754 公開日 : 11/12/28 更新日 : 11/12/28

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」