丸鶏ローストチキン*ピラフ詰め*

丸鶏ローストチキン*ピラフ詰め*

Description

塩味のローストチキンです。
ピラフが肉汁を吸って美味しくなります♡
生焼け防止方法を追記しました☆ついでに写真も変更♡

材料 (1羽分)

丸鷄
1羽(1kg)
香味野菜切れ端(セロリ、玉ねぎ、パセリなど)
適量
適量
こしょう
適量
乾燥ハーブ
適量
大さじ1〜2
ピラフ
1合分

作り方

1

写真

ピラフを用意する。なるべくシンプルなものを。
(参照☆
レシピID:2353053
肉類はなしでも。1合分)

2

お好みのごはんの硬さより、硬めに炊くことをオススメします。
丸鶏に詰めて焼くと、肉汁を吸って、ごはんが柔らかくなるので。

3

オーブンを予熱する。
200〜210度。

4

写真

丸鶏。真空パックに入っている1kgのものを使用。
内臓などもちゃんと取ってあるので、簡単に使えます☆

5

写真

中身を見て。
軽く水洗いし、血管などを取り除き、キッチンペーパーで水気を拭き取る。

6

写真

お腹の中に、塩小さじ1/2、こしょうをすりこむ。
肉の表側にも、塩小さじ1、こしょうをすりこむ。

7

写真

少し冷めたピラフを詰める。1合のピラフが少し余ります。
おしりを爪楊枝などで止める。

8

写真

格好良く形作る。
お腹側を上にする。
首のところも爪楊枝で止める。
足を上の位置で、タコ糸で結ぶ。

9

写真

下側。手羽先を背中側(下)で縛っても良いが、食べる時に面倒だし、下になる部分なので、あえてそのままにします。

10

写真

鉄板に、鶏肉をのせ、香味野菜をのせる。
今回はセロリを2/3本。
ハーブをふる。

11

写真

オリーブオイルを全体に回しかけ、オーブンで焼く。
200〜210度で50分〜1時間。焦げちゃうので最下段で。

12

写真

途中、2回ぐらい、流れ出た肉汁を鶏肉の表面に刷毛で塗る。
スプーンで全体にかけても。

13

焼き上がり。
食卓に出す前に爪楊枝を外しておくと良いです。

14

写真

足にリボンを付けて完成♡
リボンは大きい方が映えます。
出来上がり写真、豪華なリボンに変更しました(2016)

15

写真

2018年。1.4kgの丸鶏。大きいので210度のオーブンで90分焼きました!生焼けなし!
ご参考までに。

16

追記。生焼けが心配な方へ。
❶と❷でほとんど大丈夫になると思いますが、不安な方は、さらに❸も実行してみてください。

17

❶鶏を調理する前に、常温に1〜2時間ほど置いておく。(特に冬場は廊下などの涼しい場所ではなく、リビングなどが理想です。)

18

❷丸鶏のグラムを計量します。
1kgより重い場合は、焼き時間を多くしてください。

19

❸少し早目に焼いておいて、焼き上がり後そのままオーブンの中で余熱で温めておく。

コツ・ポイント

ピラフは、市販の冷凍ピラフ(解凍してね)や、残りごはんで炒めたチャーハンでもOK☆
もちろん。ピラフではなく、野菜を詰めてもいいです。

このレシピの生い立ち

夫が市販の照り焼き味が嫌いなので、塩味で手作りするように。
色々試して、中身はピラフを詰めるようになりました。
今では、年に一度の私の楽しみです(*^^*)
レシピID : 2353048 公開日 : 13/12/22 更新日 : 19/12/17

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

7 (6人)

18/12/25

写真

お久しぶりです! 今年も作りました。メリークリスマス☆

ひろままりん

今年は1羽だったんですか?笑 れぽありがとう♡

16/12/25

写真

2羽作!美味しかったです。実は去年も作って好評でした☆感謝♪

ひろままりん

スゴイ(≧∇≦)♡二羽も♡♡ れぽありがとうございます♡

16/12/24

写真

皮パリパリ身はしっとり美味しくできました♡レシピ感謝です

こむぎchoco

美味しそう(*´∇`*)うちも24日(昨日)に作りましたよ♡

16/12/18

写真

肉の味付けがシンプルで作りやすい。ジューシーに美味しく焼けた。

クックFOGLHV☆

嬉しいお言葉(*´∇`*)♡ れぽありがとうございます♡