皮はバリッ中はふんわり♪フィセル&クーペ

皮はバリッ中はふんわり♪フィセル&クーペ

Description

サイゼリヤのミニフィセルを再現!バターフィセル、ガーリックトーストに♪バゲットの小さい版、クーペはサンドイッチやラスクに

材料 (4本分)

240g
薄力粉
60g
砂糖
小さじ1
(orモルトパウダー
小さじ1/2)
ドライイースト
小さじ1
あら塩
小さじ1
200cc
<クープ>
打ち粉(強力粉)
適量
ペティーナイフ
ひとつ
ほんの少し
<焼く前に>
バター(溶かしバター)
10〜15g
<その他>
タッパー
22×15センチ

作り方

1

写真

ホームベーカリーのケースに上から順に入れ(イーストと塩を離す)、一次発酵60分にセットして、あとはおまかせ。

2

写真

発酵が終わり、ガスを抜いた生地を打ち粉をした台に移し、4等分に切り、切り口を中にして包むように丸め、閉じた面を下にする。

3

写真

打ち粉は茶漉しを使うと便利です。

4

写真

ベンチタイム20~30分。
乾かないように注意する。画像は100円ショップのタッパーです。乾燥防止にちょうどよいですよ。

5

写真

※タッパーはセリアで購入。22㎝×15㎝高さ8㎝容量3L、ふた付きのもの。

6

写真

ベンチタイムが終わったら生地の空気を抜き過ぎないように、平たく指で広げ、手前から巻いていき、巻き終わりをつまんで閉じる。

7

写真

※このまま2次発酵に移ると、ふっくらした見た目のフランスパン、クーペになります。ラスクにも、ちょうど良い太さですよ。

8

写真

5~10分ほどおいて、潰さずに手前から巻いていき、巻き終わりをしっかり閉じ、コロコロ転がして細長く20㎝ほどにする。

9

写真

天板に少し水をつけ、オーブンシートを敷いてのせ、オーブンの発酵機能の30度30分。
切れたらそのまま庫内に30~40分。

10

写真

2次発酵が終わったらオーブンを250度に予熱する。ステンレス容器に入れたバターを入れ、3分ほどしたらミトンで取り出す。

11

写真

発酵が終わったら粉をふり、油を塗ったペティナイフでゆっくりとひき、ナイフの重さで切れ目をつけるように浅くクープを入れる。

12

写真

予熱が終わったら、クープの溝にスプーンなどで溶かしバターをたらし、250度スチームをして15~18分焼く。

13

写真

焼き上がり。
お好みで、さっき使った残りの溶かしバターを塗ってください。

14

写真

生地の計量~焼き上がりまで、約4時間ほどです。
こちらはモルトパウダーなしで砂糖で作ったフィセルです。

15

写真

モルトパウダーは麦芽粉末100%で50g130円程度です。コーヒー豆、ディルマ紅茶、輸入食品の店ワルツで購入しました。

16

写真

フィセルの断面です。

17

写真

モルトパウダー入りクーペの断面です。

コツ・ポイント

特別な強力粉でなくてもOK!スーパーで買えるプライベートブランドやお値打ちな物でも大丈夫でした。その方がサイゼリア風になります。
モルトパウダーが手に入れば砂糖の代わりに使うと、よりバリッとした皮になりますよ。

このレシピの生い立ち

サイゼリアのミニフィセルを再現したくて、試行錯誤しました。
レシピID : 2444122 公開日 : 13/12/24 更新日 : 20/04/01

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

20/07/31

First tsukurepo mark
写真

外はパリッと中は柔らかいパンが焼けて満足です。サンドイッチにしていただこうと思います。

クックD2A5HT☆