イサザのかき揚げ

イサザのかき揚げ
イサザとスジエビ(もしくは赤かまぼこ)を使ったかき揚げです。旨みたっぷりの一品!

材料 (4人分)

イサザ
150g
スジエビ(または赤かまぼこ)
45g
ごぼう
100g
みつば(または青ねぎ)
100g
・小麦粉(薄力粉)
カップ1(100g)
・卵水(卵1コ+冷水)
160ml
適量
天つゆ
カップ1/4
カップ1/4
・水
カップ1
・かつお節
2g
大根
160g

1

イサザとスジエビは洗ってよく水気を切っておきます。(赤かまぼこの場合は長さ2cmの細切りにしておきます)

2

ごぼうはささがきにし、あく抜きしておきます。みつばは3cmの長さに切ります。(青ねぎの場合は2cmの長さに切ります)

3

衣を作ります。卵を溶き、水を加えて卵水を作り、ふるった小麦粉を入れてさっくりと混ぜます。

4

写真

1と2の材料の水気をよく切って、衣の中に全部入れ、混ぜます。

5

写真

揚げ油を中温に熱し、4の種を鍋の縁から流し入れて揚げます。このとき、薄い形にして揚げるとよいです。

6

天つゆの材料を合わせて鍋に入れ、火にかけます。沸騰したら火を止めて、かつお節が沈んだらこします。

7

大根をおろし、天つゆとともにかき揚げに添えたら、できあがり。

コツ・ポイント

琵琶湖の希少な固有種・イサザは、冬~春に獲れます。くせがなく旨みが強い、とても美味しい湖魚です。

スジエビは「えび豆」でおなじみの小さなエビ。イサザと一緒に獲れることも多いので、同時に入手しやすい食材です。

このレシピの生い立ち

調理・レシピ監修: 小島朝子 先生   
撮影協力: 滋賀県農政水産部水産課
レシピID : 2472052 公開日 : 14/11/17 更新日 : 14/11/17

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」