三朝とちもちぞうに~鳥取県の郷土料理~

三朝とちもちぞうに~鳥取県の郷土料理~
鳥取県中部の三朝町に伝わる正月の伝統雑煮、栃の実と小豆汁が絶妙で甘くほろ苦い大人の味。

材料 (餅60個分)

もち米
1升
栃の実(アク抜きをしたもの)
250~300g
小豆
1kg
砂糖(ざらめ)
800g
5~10g
4,000cc

1

【下準備】
もち米はひと晩水につけてからザルに上げて水を切る。

2

【栃餅】
もち米を軽く水洗いし蒸し器に入れ、その上に栃の実を乗せ1~1時間半強火で蒸す。

3

蒸し上がったら臼に移し素早くつく。

4

【小豆汁】
鍋に小豆汁と水(1,000cc)、砂糖、塩を入れ強火で煮る。

5

写真

水分がなくなったら残りの水(3,000cc)を入れ1時間弱火で煮る。砂糖と塩で味を調整する。

6

【盛付】
おわんに小豆汁を入れ栃餅をのせる。餅が固い場合は鍋で少し煮る。

コツ・ポイント

【栃の実のアク抜き】
栃の実は、1週間水に浸し皮をむき、さらに1週間水にさらしたのち茹でる。木灰と合わせて3日ほど置き灰をきれいに落とし薄皮をはがす。

このレシピの生い立ち

栃餅は、鳥取県三朝町の町民にとってはとてもなじみの深い食べものです。栃餅を入れた小豆雑煮「とちもちぞうに」を通じて三朝町を発信しています。
(レシピ提供:三朝とちもちぞうに縁JOY会)
レシピID : 3301508 公開日 : 15/07/30 更新日 : 15/07/30

このレシピの作者

鳥取県は海・山・里の豊かな自然環境に恵まれ、素晴らしい食材が数多く生み出されています。その素晴らしい地域の食資源をアピールするとともに、食を通じて県民皆さんの誇りと地域への愛着を醸成することを目的に、鳥取県では平成19年から「食のみやこ鳥取県」をかかげ「食」をキーワードとした県政を進めています。
http://www.pref.tottori.lg.jp/syokunomiyako/

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」