【低糖質な食事】蕪のバター醤油雑穀スープ

【低糖質な食事】蕪のバター醤油雑穀スープ

Description

スーパーフード、キヌア他雑穀入りで簡単。ご飯なくても雑炊。朝食、ランチに。
糖質量(目安) 39.1g

材料 (一人分)

雑穀
 キヌア ※お好きな雑穀で。
大さじ1
 もち麦、押し麦 ※お好きな雑穀で。
大さじ1ずつ
野菜、肉など
 かぶ(小)
2個
 かぶの葉
1個分
 ウィンナー
2本
 玉ねぎ
1/4個
調味料、油
 しめじ
1/2パック
 バター
大さじ1
 醤油
小さじ1
 塩
小さじ1/4
 黒こしょう
お好みの量

作り方

1

かぶは皮をむいてくし型に八等分にする。

2

かぶの葉は3センチの長さに切る。

3

ウィンナーは4当分の斜め切り。

4

たまねぎは縦薄切り

5

しめじは根元を切って房にわける。

6

小さめの鍋にオリーブオイル大さじ1を熱してたまねぎ、ウィンナーをいためる。

7

たまねぎがしんなりしたらかぶとしめじを炒めて油が回ったら水500mlを入れてふたをし強火にする。

8

沸騰したらあくをとり、コンソメキューブ、もち麦、押し麦を入れてふつふつとなるくらいの火加減にし10分煮る。

9

キヌア、かぶの葉を足し5分煮る。

10

バターを溶かす。

11

醤油、塩で味付けをする。

12

器にもり黒こしょうを振る。
※作り方はここまでです。※

13

~糖質量(目安)~
かぶ 3.9
かぶの葉 0.05g
ウィンナー 0.8g
たまねぎ 3.3g
しめじ 0.75g

14

コンソメキューブ 2.1g
バター 0g
醤油 0.6g


15

押し麦 9.2g 
もち麦 9.7g
キヌア 8.7g

合計39.1g

16

~雑穀について~
なんでもいいのでお好みで。ただ煮る時間と煮たときに出る色、組み合わせに注意。

17

【煮る時間】
・もちあわ、もちきび、キヌア、アマランサスなど粒の小さい雑穀→5分
・押し麦、もち麦、はと麦

18

、十五穀米など、ブレンド→15分※雑穀のゆで加減にはお好みもありますので、柔らかすぎた、固すぎたと感じた場合は

19

次回煮る時間で調整してください。

20

【色】
・黒米、赤米、黒米・赤米を含む十五穀米→スープに色がついてしまう。澄んだスープに向かない。

21

トマトスープ、カレー味のスープなどに。
・それ以外→スープに色がつかないのでコンソメなど色の澄んだスープもOK。

22

【組み合わせ】
このレシピのように3種類でなく2種類、1種類にしてもいいが粒の小さいもの

23

(キヌア、もちきび、もちあわ、アマランサス)だけだと食べごたえを感じないため、1種類の場合は大きいものにする。

コツ・ポイント

・残ったしめじはそのままフリーザーバッグに入れて冷凍保存すればスープに冷凍のまま使える。
・塩、醤油の量はお好みで。

このレシピの生い立ち

バターに合うという醤油が家にあったので作ってみました。
レシピID : 3628461 公開日 : 16/01/17 更新日 : 16/03/29

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」