マッサで豚とあさりのアレンテージョ風炒め

マッサで豚とあさりのアレンテージョ風炒め
マッサデピメントは、赤パプリカをペースト状にしたポルトガルの伝統的な調味料です。郷土料理で豚とあさりの炒め料理です。

材料 (2人分)

豚肩ロース塊肉
150g
あさり
150g
玉ねぎ
1/4個
香菜・レモンのくし切り
適量
S=Oマッサ・デ・ピメント
小さじ2〜
カルボネールエクストラバージンオリーブオイル
大さじ1
大さじ1
塩・こしょう
適量

1

あさりは塩水に放して砂抜きをし、殻と殻をこすり合わせて洗って、水けをきる。

2

豚肉は2㎝角くらいに切り、半量のマッサ・デ・ピメントをもみ込んで下味をつけておく。玉ねぎは横に薄切りにする。

3

香菜は茎を小口切りに、葉はざく切りにしておく。鍋かフライパンにオリーブオイルを熱し、玉ねぎを炒める。

4

しんなりしてきたら、豚肉を加えて表面の色が変わるまで炒める。

5

写真

あさりを加え、残りのマッサ・デ・ピメントとワイン、香菜の茎を加えたら蓋をし、あさりの口が開くまで蒸し煮にする。

6

味見をして塩・こしょうで調える。香菜の葉を散らす。レモンを絞っていただきます。
※お好みでフライドポテトを添えて。

コツ・ポイント

このレシピの生い立ち

ポルトガル東南部のアレンテージョ地方の郷土料理。マッサ・デ・ピメントの代表料理で、豚肉とあさりの2種類の食材が相乗効果を発揮します。
レシピID : 3728505 公開日 : 16/03/04 更新日 : 16/04/11

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

16/11/06

First tsukurepo mark
写真

豚とあさり贅沢…!栄養いっぱい摂れた気がします♪

そらいろ猫

海の幸、山の幸のダブル効果が贅沢です!