ポルチーニのリゾット お粥スタイル

ポルチーニのリゾット お粥スタイル

Description

イタリアンの定番ポルチーニのリゾット。
お粥のスタイルで作れば、とっても簡単。
すごく美味しく仕上がります。

材料 (2人分)

白米
100cc
乾燥ポルチーニ
10g
350cc
成分無調製豆乳
50cc
3つまみ
黒こしょう
少々
グラナパダーノ(パルメザンチーズ)
40g

作り方

  1. 1

    写真

    世界三大キノコのひとつポルチーニを乾燥させたもの。安いもので十分です。砂がついている場合は、刷毛で取り除いて下さい。

  2. 2

    写真

    鍋に白米100g、水350cc、塩を3つまみ入れて強火で炊きます。
    <ポイント>
    白米は洗わずそのまま使います。

  3. 3

    写真

    そこに乾燥ポルチーニをハサミで適当な大きさに切りながら入れます。

  4. 4

    写真

    沸騰したら、弱火にします。吹きこぼれないように少し隙間を開けて蓋をします。タイマーを15分セットしてスタート。

  5. 5

    写真

    パルメザン=パルミジャーノは、香りと旨味が強く、ポルチーニの風味を邪魔するため、若い熟成のグラナパダーノを使います。

  6. 6

    写真

    グラナパダーノのブロックを使うごとにすりおろします。
    パスタに初めて使ったときは、風味の素晴らしさに感動しました。

  7. 7

    写真

    15分のタイマーが鳴ったら、弱火のままにして、蓋を開けると、ポルチーニの風味が満開です。

  8. 8

    写真

    豆乳を50cc入れます。
    <ポイント>豆乳は牛乳よりとろみがついて、生クリームより低カロリーです。

  9. 9

    写真

    弱火のまま、軽くかき混ぜると、とろみが出てきます。

  10. 10

    <ポイント>水気が多い場合、中火にして、とろみが出てきたら、すぐに弱火にして下さい。

  11. 11

    写真

    弱火のまま、グラナパダーノの粉チーズを半分入れて、軽くかき混ぜます。

  12. 12

    写真

    弱火のまま、混ぜながら、残りの粉チーズを少しずつ入れて、味見をしながらお好みの味に仕上げて下さい。

  13. 13

    <ポイント>
    粉チーズの量は1人前20gが基本ですが、チーズの量はお好みで増減して下さい。

  14. 14

    写真

    お好みの味になったら、火を止めて、蓋をして、10分間蒸らし、味を含ませます。

  15. 15

    写真

    10分経つと、ネットリとしたリゾットになっています。

  16. 16

    写真

    お皿に盛りつけて、仕上げに黒こしょうを少々とグラナパダーノの粉チーズを振りかけて完成!
    お粥だけどイタリアーノ!

コツ・ポイント

グラナパダーノの粉チーズを少しずつ入れて、味見をしながら、お好みの味に仕上げます。
リゾットは蓋をしませんが、日本のお粥は蓋をして炊きます。お粥の水の量を減らし、炊く時間を短くすれば、日本人好みの芯のない固めのリゾットができあがります。

このレシピの生い立ち

お粥の作り方を覚えたら、リゾットにも応用できるのでは?と何回か作りながら、レシピを完成させました。
リゾットより作り方が簡単で、早くできあがります。
レシピID : 4162859 公開日 : 16/12/06 更新日 : 16/12/09

つくれぽ みんなのつくりましたフォトレポート

 
コメントを書くには ログイン が必要です