シナモンレーズンロール

シナモンレーズンロール
ラム酒につけたレーズンがたくさんあったので、シナモンレーズンロールをつくりました。

材料 (18個分)

600g
砂糖
60g
9g
イースト
12g
ぬるま湯(36℃~40℃ぐらい)
60g
卵(M)
2個(110g)
110g
牛乳1
120g
無塩バター
60g
レーズンラム酒漬け
120g
シナモン
10g
40g
牛乳2(牛乳1とは一緒にしない)
15g
シナモンシュガー
適量
アイシング
適量

1

写真

材料を、計量に量る。(バターは常温においてすぐ溶けるようにしておく。)レーズンは、発酵機の中で、生地が冷めないように入れておく。

2

写真

強力粉・砂糖・塩を、フードプロフェッサーのなかにいれる。イーストをぬるま湯に入れてふやかす。その間に、卵・牛乳1・水を、ボールに入れてフォークで混ぜておく。ふやかしたイーストを、フードプロフェッサーの中に、入れる。

3

写真

フードプロフェッサーのふたをする。2で混ぜておいた卵・牛乳1・水を、フードプロフェッサーを混ぜ始めてから30秒までの間に、入れる。その後に1分10秒間混ぜる。フードプロフェッサーからボールに移し1のをバターと混ぜる。※グルテンチェックをする

4

写真

フードプロフェッサーに生地を入れたらフードプロフェッサーにバターのあとがなくなるまで混ぜて止める。その後にバターが付いてある※ボールに生地をいれるて、生地の温度を測る。(基準の温度は30~40℃まで※ボールにバターをくっ付けるようにする。)

5

写真

生地をボールに入れ、ラップをして、発酵させる。発酵が終わったら、ボールから取り出して、2等分にしてから、生地の空気を抜いて、ぬれブキンびかけて生地を休ませる。その間に、シナモン・砂糖・牛乳2を混ぜておく。

6

写真

空気を抜いた生地をだして、めん棒を使って、長方形にする。シナモン・砂糖・牛乳2を、生地にのせて、のばす。その後にレーズンを発酵機から取り出し生地の上にばらまく。その後に、生地を丸めて、生地の下の部分を上にして、中身が出ないようにしめる。

7

写真

6の作業が終わったら生地を伸ばし、生地を切る。切ってから、細い棒か小指で、くぼみをつける。(このぐらいの時に、オーブンを180℃の予熱をしておく。)

8

写真

仕上げ発効する。38℃で15分~20分発酵させる。生地が2倍に発酵したら、表面にとき卵をぬり、シナモンシュガーをふりかけ、180℃のオーブンで15分焼く。

9

写真

焼きあがったら、粗熱を取りアイシングをかけてできあがり。

コツ・ポイント

このレシピの生い立ち

映画、「かもめ食堂」のなかのシナモンロールがおいしそうだったので、つくってみました。
レシピID : 434038 公開日 : 07/09/24 更新日 : 07/09/24

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」