簡単次の日も硬くならない柔らかおはぎ

簡単次の日も硬くならない柔らかおはぎ
試行錯誤でオリジナル完成。白米混合より、もち米100%の方が柔らかさ持続です。

材料 (40個)

小豆
500g
砂糖
500g
甜菜糖(きび砂糖でもOK)
100g
もち米
4合
砂糖
大1
ひとつまみ

1

小豆を水洗いして、タップリの水で強火で沸騰させる。沸騰したらザルに上げる。これを3回繰り返す。エグミが取れます。

2

写真

タップリの水で小豆を煮る。沸騰したらアクを取りながら弱火で3〜4時間位かな。小豆が好みの硬さになるまで。

3

水を追加しながら小豆を指でつまんで、すぐ潰れる位になったら水気を切る。

4

写真

鍋に戻し入れ、砂糖を3回位に分けて入れ溶かす。砂糖入れた後は、煮ても豆は柔らかくなりません。

5

そのまま一晩寝かせておきます。甘さが浸透します。時間がなければ、そのまま煮詰めても大丈夫です。

6

次の日、木じゃくしの混ぜ跡が残るくらいまで焦げないように、豆を潰さないように混ぜながら煮詰める。最後に塩ひとつまみ。

7

写真

少しゆるくても次の日は、硬めになります。50gに丸める。乾かないようラップ等で保存する。

8

もち米は匂いが残るので良く洗う。白米と同じ水加減で砂糖大1を入れ、吸水無しで炊く。

9

炊き上がったらしゃもじで潰し40gに丸める。

10

写真

乾かないように、手早く包んでいく。乾くと硬くなります。包み方ポイント読んで下さい。

11

写真

アンコは残ったらジップロックで冷凍。
解凍すると水分が多くなるので抹茶プリンとかに使用します。
レシピID4529177

12

写真

残ったアンコで柏餅も出来ました。

コツ・ポイント

つぶあん好きだから、結構マメマメな感じに作ってます。練り上げる時は、火傷に注意して。アンコは手のひらの上で丸く薄く広げ、もち米を乗せて上下を返し、丸いおにぎりをつくる要領で丸く仕上げます。

このレシピの生い立ち

小豆を煮てみたくて、じゃあ!お萩だね!と言うことで
レシピID : 4477671 公開日 : 17/04/18 更新日 : 17/05/18

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

3 (3人)

18/12/02

写真

たくさん作りました(^^)柔らかくて食べやすかったです♡

☆たまよし☆

つくれぽありがとうございます~(o´艸`)

18/09/23

写真

初めてあんこからおはぎに挑戦!甘さもお米の柔らかさもいい感じ!!

ごろごろままん

ありがとうございます~。また作ってレポ下さいね(笑)

17/08/29

First tsukurepo mark
写真

もち米を浸水せずすぐ炊くレシピ助かりました。柔らかく美味でした!

cafézinho☆

ありがとうございます(*>艸<)きな粉も美味しそうですね♡