【エコ】豚肉と野菜のカレー風味&スープ

【エコ】豚肉と野菜のカレー風味&スープ
エコ・クッキングとは、地球環境を思いやり「買い物・調理・片づけ」をすること。一人ひとりの小さな積み重ねが大きな成果に!

材料 (4人分)

【豚肉と野菜のカレー風味和え】
豚ロース肉(しゃぶしゃぶ用または薄切り)
240g
カップ2
小さじ1
●塩
ひとつまみ
ニラ
100g
キャベツ(外葉も使用)
280g
4個
小さじ1
○トマトケチャップ
小さじ1
○醤油
小さじ2
○塩
少々
○酢
大さじ1
【野菜スープ】
豚肉・野菜のゆで汁(足りなければ水を足す)
520mℓ
トマト
80g
玉ねぎ
80g
かぼちゃ
80g
大さじ1
少々
こしょう
少々

1

【豚肉と野菜のカレー風味和え
キャベツは1cm幅に切り、ニラは3cm長さに切る。

2

鍋に水を入れて沸かし、●を入れて豚肉を加える。(湯はグラグラに沸かさない)アクを除きながら、ゆでて取り出す。

3

②の鍋にキャベツを入れ、しんなりしたらニラを加えてさっとゆでて取り出す。

4

③の鍋に、卵を一つずつ静かに割り入れ、落とし卵を作り、取り出す。半熟か固めかは好みで仕上げる。

5

ゆで汁はスープに利用するので残しておく。
ボウルに○を合わせて②と③を和えて器に盛り、④をのせて出来上がり。

6

【野菜スープ】
④のゆで汁のアクなどは取り除いておく。

7

玉ねぎはうす切り、トマトはくし形切り、かぼちゃは5~6mmの厚さに食べやすく切る。

8

⑥を火にかけ、酒と玉ねぎ、かぼちゃを加えてフタをして煮る。

9

やわらかくなったらトマトを加えてひと煮立ちさせ、仕上げに塩とこしょうで味をととのえて出来上がり。

10

【審査員からの一言】
ゆで汁を利用するレシピで、とても素晴らしいアイデアですね。

11

和え物は、ケチャップの代わりにウスターソースを使っても美味しいです。お好みで塩・こしょうの量を調整してください。

12

【エコ・クッキング買い物編】
☆旬の食材を選ぶ
☆地産地消(地元でとれたものを選ぶ)
☆必要量を買う

13

【エコ・クッキング調理編】
☆食材を無駄にしない
☆エネルギーと水を無駄にしない
・鍋底の水を拭き取ってから火にかける

14

・鍋底から炎がはみ出さないように火力を調節
・鍋を火にかける時はフタをする

15

☆調理法の工夫
余熱調理
(火を消したあとフタをして置いておいて食材をやわらかくする)

16

・ひとつ鍋調理(ゆで湯や一つの鍋、フライパンを使い回す)
・同時調理(一つの鍋やグリルで複数の食材をまとめて加熱)

17

【エコ・クッキング片づけ編】
☆食べ残しを減らす
☆生ごみは水気をよくきってから捨てる

18

☆洗い物をする時は、少ない洗剤や水で洗えるように、油で汚れた食器は重ねない、汚れの少ないものから洗うなどの工夫を。

コツ・ポイント

【エコポイント】
・野菜のゆで汁やキャベツの外葉を使って、食材を無駄にしません。
・フタをして煮ることで加熱時間が短縮でき、無駄なエネルギーを使いません。

このレシピの生い立ち

第10回むさしの環境フェスタで行われた「むさしのエコ・クッキングコンテスト*」のグランプリ作品です。
武蔵野市 環境政策課
審査協力:マノ料理学園園長 間野実花
*エコ・クッキングは東京ガスの登録商標です。
レシピID : 4828572 公開日 : 18/03/09 更新日 : 18/07/22

このレシピの作者

武蔵野市の公式キッチンです。武蔵野市のこだわり給食のレシピや離乳食講座レシピ、市内産新鮮野菜の直売所紹介など、武蔵野市が行っている「安心」「安全」な食の実践を広く伝えていきます。食に関するイベント情報なども紹介します。
http://www.city.musashino.lg.jp/

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」