節分の残り豆でスコーン(^◇^)

節分の残り豆でスコーン(^◇^)
節分のあとって、炒り豆が残ってしまいませんか?そのままでは誰も食べないしどうしよう・・・と思って、スコーンにしてみました。ナッツのスコーンがあるんやから出来るはず!ってことで。
フードプロセッサーで混ぜていくだけでOK!

材料 (5~6個分)

薄力粉
100g
砂糖
小さじ1
少々
無塩バター
50g
炒り豆
15g
バナナ
1/2本
ヨーグルト
30g
牛乳
適量
 

1

バターは1cm角くらいにカットして冷やしておく。
オーブンは200度に予熱しておく。

2

フードプロセッサーに粉・ベーキングパウダー・砂糖・塩を入れてふるうつもりで回す。

3

炒り豆・バターを加えてさらっとした粉状になるまで回す。

4

バナナ・ヨーグルトを加え、ひとまとまりになるまで回す。

5

打ち粉をした台に取り出し、こねてまとめる。

6

厚さ1.5cmくらいにのばして、型(5cm丸)で抜いてシートを敷いた天板に並べる。

7

刷毛で牛乳を塗り、200度のオーブンで12分焼く。

コツ・ポイント

材料をフードプロセッサーに加えていくだけなので簡単(^^)v
バターは角切りにして冷やしておいたほうが、うまく粉と切り混ざってくれておいしく出来ます。
フードプロセッサーから出したときは、手にひっついて扱いにくいけど打ち粉の上でこねこねしてるとすぐに落ち着きます。
今回は丸型で抜いたけど、もちろん型を使わずに手で成形するだけでもOKですよ。素朴な形で私は好き(^_-)

このレシピの生い立ち

節分の豆まき用に買った豆の残りをどうやって消費しようか・・・と考えてて。豆のままではパパも息子も食べてくれないし(-_-;) くるみのスコーンとかが美味しいんやから豆でも美味しいんじゃないかなぁっと思ったので作ってみました。
家にあったフードプロセッサーで作るスコーンのレシピを参考にしてアレンジしました。
参考にした本:「フードプロセッサーでお菓子革命」加藤千恵(講談社)
レシピID : 500722 公開日 : 08/02/04 更新日 : 08/02/04

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」