柚子の香り✿茶巾ずし

柚子の香り✿茶巾ずし
ひな祭りやお花見弁当にぴうたりの、かわいい茶巾ずしです。柚子の香りが爽やか♡包み方を変えると、ふくさ寿司になります。

材料 (5個分)

○酢飯用
ご飯
茶わん1杯分(約200グラム)
大さじ1
柚子の絞り汁
1/2個分(小さじ1)
柚子の皮
1/4個分
ゴマ
小さじ1
○薄焼き卵用
2個
砂糖
大さじ1/2
ひとつまみ
小さじ1
三つ葉
適量
サラダ油
少々

1

写真

薄焼き卵を作る。ボウルに卵を割り入れ、砂糖、塩を加えて混ぜ合わせる。水溶き片栗粉(片栗粉を倍量の水で溶いたもの)を加え、よく混ぜ合わせる。

2

写真

フライパンに薄く油を敷き(余分な油はふき取る)、1の卵液を流し入れる。フライパンを傾けながら、丸く形作り、端が乾いてきたら、裏返して軽く焼く(弱めの中火)。5枚作る。

3

写真

柚子の皮は、白い部分が入らないように、薄く削り取り、せん切りにする。三つ葉は塩少々を入れた熱湯で軽く(3秒ほど)茹で、冷水にとって冷ます。ざるにあげて水気をきっておく。

4

写真

酢飯を作る。ボウルにご飯を入れ、すし酢、柚子の絞り汁を混ぜ合わせたものを回しかけ、しゃもじで切るように混ぜる。ゴマと柚子の皮のせん切りも加えて混ぜ合わせる。

5

写真

4の酢飯を5等分し、丸くにぎる。2の薄焼き卵の中央に酢飯を置き、周囲の卵をひだを寄せるようにしてまとめ、三つ葉で巻いて留める。

6

写真

ふくさ寿司。
薄焼き卵の真ん中に酢飯を置き、左→上→下→右の順に折りたたんで三つ葉で留める。

コツ・ポイント

フライパンは小さめのものを使うと、きれいに丸くできます。私は直径18センチの鍋(テフロン加工のもの)を使いました。中の酢飯は、お好みで具を加えてください。

このレシピの生い立ち

茶巾ずしに、香りがよくなるように柚子を入れてみました。
レシピID : 502196 公開日 : 08/02/06 更新日 : 08/02/22

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」