昔ながらのおいなりさん

昔ながらのおいなりさん
子供の頃から食べているおいなりさんです。我が家では白飯を詰めています。祖父が作っていた昔ながらの素朴な味です。

材料 (作りやすい量)

油揚げ
10枚
200cc
砂糖
150グラム
しょうゆ
130cc
大さじ3
ご飯
3合分

1

油揚げは半分に切り中を開いて袋時状にする。ざるに乗せて上から熱湯をかけて油抜きをする。

2

写真

鍋に油揚げ、砂糖、しょうゆ、みりん、だし汁を入れ、落し蓋をして火にかける。煮立ったら中火にして好みの味の濃さまで煮詰める落し蓋がなければホイル&小皿で代用します。

3

写真

そのまま覚まします。煮汁を絞った油揚げにご飯を詰めて出来上がり~♡

コツ・ポイント

匂いやカロリーを気にしない人は①の油抜きを省いてもかまわないですよ。煮詰まってきたら煮汁を味見して自分の好みの味の濃さにしてください。酢飯でも白飯でもどちらでも美味しくいただけます。煮たお揚げを小分けに冷凍しておくとお弁当の時に大変便利です。ブログをやってます。こちらにも遊びに来てください。http://yaplog.jp/spartamama/

このレシピの生い立ち

仕出し屋をしていた祖父から母へ、母から私へと伝わった味です。田舎風の甘い味付けです。砂糖の量はお好みで調節してくださいね。
レシピID : 512515 公開日 : 08/02/20 更新日 : 08/02/20

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」