自家製梅ジャム使用 鶏肉のてりてり焼き

自家製梅ジャム使用 鶏肉のてりてり焼き

Description

オープンキャンパスで提供した夏メニューです!

材料 (2人分)

鶏もも肉
2切れ(180g)
漬けだれ
小さじ2と1/3(14g)
小さじ2と1/3(14g)
大さじ1(14g)
自家製梅ジャム
大さじ2/3(12g)
付け合わせ
ミニトマト
2個(20g)
オクラ
1本(10g)
スイートコーン
1/4本(80g)
キャベツ
70g
塩昆布
3g
昆布茶(粉末)
少量(0.06g)
小さじ1/2(2g)
いりごま
小さじ1/3(1g)

作り方

1

漬けだれを混ぜ合わせ、鶏肉を30分漬け込む。

2

天板にオーブンシートをひき、1を並べる。

3

漬けだれを鍋に入れ、一度沸騰させアクをとる

4

185℃のオーブンで8分程度焼き、3をはけでぬり、さらに4分焼いて照りと焼き色をつける。

5

ミニトマトはヘタを取りよく洗う。オクラはさっと茹でて冷まし、食べやすい大きさに切っておく。

6

スイートコーンは沸騰したお湯で3~4分茹でる。※すぐ食べない場合は2%の塩水(分量外)に30秒程度つけひき上げて冷ます。

7

キャベツは千切りにし、塩昆布、昆布茶、ごま油、いりごまで和える

8

付け合わせを皿に盛り、カットした鶏肉をのせる。

コツ・ポイント

漬けだれを重ねぬりすることで皮につやがでます。
スイートコーンは塩水につけると時間がたってもしわになりにくいです。

このレシピの生い立ち

女子栄養大学の敷地内で採れた梅をジャムに加工し、使用することで、大学のアピールにつながると考えました。
レシピID : 5216260 公開日 : 18/08/24 更新日 : 18/08/24

このレシピの作者

女子栄養大学学生食堂「カフェテリア」の公式キッチンです。
普段、学生食堂で提供しているランチメニューを紹介しています。
女子栄養大学の学生食堂は給食会社に委託するのではなく、本学の専任スタッフが学生の栄養管理・健康管理に配慮しながら運営しています。
「女子栄養大学 受験生応援サイト」→http://www.eiyo.ac.jp/juken/

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」