ケールの春巻き

ケールの春巻き

Description

緑黄色野菜の王様とよばれるケールは須坂市でも栽培されています。

材料 (8本分)

ケール
65g
玉ねぎ
60g
舞茸
40g
サバみそ煮缶
90g
スライスチーズ
2枚
春巻きの皮
8枚
ひとつまみ

作り方

1

ケールは太めの千切りにして塩もみをしておく。

2

玉ねぎは薄くスライスし、舞茸は細かくほぐす。

3

サバみそ煮缶は汁気をきって、ほぐす。

4

スライスチーズは4等分にする。

5

ボウルに玉ねぎ、舞茸、水気をきったケール、サバ缶を入れて混ぜ合わせる。

6

春巻きの皮に、スライスチーズをひいて、その上に③をのせて包む。

7

オリーブオイルをひいたフライパンで両面をこんがり焼く。

コツ・ポイント

《1個分の栄養成分》
エネルギー101kcal
炭水化物6.4g
タンパク質4.7g
脂肪6.3g
塩分0.4g

このレシピの生い立ち

毎月最終日曜日に「日曜健康応援教室」を開催しています。10月は郷土料理スペシャリストの黒沢勝江さんの「ケールを使った料理教室」を開催しました。
レシピID : 5407369 公開日 : 18/12/11 更新日 : 18/12/14

このレシピの作者

長野県で最も要介護認定率の低い市が須坂市。秘訣は健康づくりへの地道な活動かもしれません。健康長寿を支える食事を、市民の皆さんが長年にわたり学び家庭から実践してきました。
お伝えするレシピは、見た目は普通の家庭料理ですが、健康長寿のヒントが隠されているかもしれません。健康長寿発信都市「須坂JAPAN」http://suzakajapan.city.suzaka.nagano.jp/index.php

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」