ガレット(そば粉のクレープ生地)

ガレット(そば粉のクレープ生地)

Description

おしゃれなガレットをご家庭で作りましょう。低GI食品の定番のそばをブルターニュ流でいただきます!

材料 (20-30枚分)

そば粉
1kg
30g
1000ml
炭酸水
500ml
生卵(オプション)
1個
チーズ(オプション)
お好みで

作り方

1

写真

材料を確認。富澤商店のそば粉を使っています。卵はあるとつなぎになりますが、必須ではありません。

2

写真

大きめのボウルに30gの塩を測りとります。

3

写真

同じボウルにそば粉を入れます。乾燥剤が入っていますので、ここで除くのを忘れぬよう。

4

写真

水を1000ml加えて竹ベラで混ぜます。なかなか均一になりませんが、空気を巻き込みながら、根気よく続けます。

5

写真

泡がぷくぷくなって、ブツが無くなっていれば、混ぜは完了です。生地を持ち上げて、滑らかに流れるか確認すると良いです。

6

写真

オプションの卵を入れるのであれば、ここで入れてまた、均一になるまで混ぜます。

7

均一になったら、ここで、ラップをして、冷蔵庫で一晩寝かせます。最低でも3時間、理想的には12時間とのこと。

8

写真

焼く1時間前には冷蔵庫から出して常温に戻します。竹ベラは小さめのお玉に替えます。

9

写真

この常温に戻す過程で、500mlの炭酸水を加えます。一気に加えると泡が溢れるので、少しづつ混ぜながら。

10

写真

生地ができました。生地を流してみて、粘性が高い(厚めに焼けます)ようであれば、水や炭酸水で微調整してください。

11

写真

クレープ焼きキットを準備します(お玉はもう生地に入っていますね)。

12

写真

鉄板を中火で十分に予熱して、オリーブオイルを敷きます。オイルを多めにすると、カリッとした食感が楽しめます。

13

写真

生地を鉄板の中央から少しずらしたとこに落とします。

14

写真

クレープ用のトンボで生地を素早く薄く広く伸ばします。私は薄くてカリカリがある方が好きですので。

15

写真

端部や薄いところがこんがりして、簡単に剥がせるようになったら、焼き上がりです。ここでチーズを乗せて溶かしてもいいです。

16

写真

大きめのお皿に持って、出来上がりです!

17

具材と合わせてプレート料理にしても良いですし、いろいろな具材を、みんなで手づかみで手巻き寿司風でも楽しめます!

コツ・ポイント

そば粉を減らすときは、均等比率で調整ください。1kgではたくさん焼けます(焼くのも時間がかかります)。水と混ぜるところでは、根気が必要です。手が疲れるくらいになります。また鉄板は十分に予熱していないと1枚目が剥がれなくなるので、注意です。

このレシピの生い立ち

横浜赤レンガ倉庫のBREIZH CAFE(ブレッツ カフェ)で頂いたガレットを自分で作りたくなったら、レシピ本が出ていましたので、購入して真似をしております(P.40)。
トッピング次第で色々できますので、大人も子供も大好きです。
レシピID : 5756455 公開日 : 20/01/06 更新日 : 20/01/06

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」