カボチャのカンパーニュ♪の画像

Description

外はバリバリ噛みしめて、中はもっちりふわふわのカンパーニュ。カボチャの黄色がとっても鮮やか。2日目でも柔らかいですよ♪

材料

カボチャ(マッシュ)
80~100g
200g
100~130g
砂糖
5g
4g
ドライイースト
3g

作り方

  1. 1

    写真

    カボチャを加熱してマッシュ状にします。私は炊飯器早炊きで150ccの水を加えて加熱します。レンジ加熱でもOK。

  2. 2

    荒熱の取れたカボチャと他の材料をHBへ投入。1次発酵までお任せ。(発酵時間を設定できるなら1時間で)

  3. 3

    写真

    打ち粉をした台に取り出し、丸めなおして濡れ布巾をかけ15分ベンチタイム。写真では2分割しましたが1まとまりでOK。

  4. 4

    写真

    形を丸めなおし、濡れ布巾をかけ1.5倍になるまで2次発酵。参考までに私は40度で40分。

  5. 5

    写真

    オーブンを250度に予熱し、予熱が完了したら生地に強力粉をふってクープを入れる。バターや油を溝に入れると開きやすいです。

  6. 6

    オーブン内に霧吹きをして蒸気を充満させて天板に生地を乗せ250度で10分、230度に下げて10分焼く。

  7. 7

    写真

    クープが上手に開かせられない私は、京風子さんのレシピID :682622 を活用しています。写真はティファール鍋で。

  8. 8

    写真

    長方形の生地は角食型1.5斤用を使用したもの。付属の蓋を使用できるので便利です。

  9. 9

    写真

    オーブンにはぎりぎりこんな感じに入ります。詳細はレシピをよぉーくご参照下さい。

  10. 10

    写真

    このようにぱっくりクープが開きました。

  11. 11

    写真

    ちょっと写真の色合いが悪くて伝わりにくいですが、黄色の綺麗な断面です。穀物を練りこんだパン特有の柔らかさがあります。

  12. 12

    カボチャの水分によってずいぶん生地の緩さが違ってきますので、水を少なめで入れ水分調整をしてください。

  13. 13

    写真

    8等分してマフイン型で焼きました。高さも出て、手土産によいです♪

コツ・ポイント

1次発酵をしっかり2倍まで膨らませること。2次発酵は1.5倍弱まででOK。
鍋焼きレシピを利用の際は、予熱した鍋は熱いのでヤケドには気をつけて、手早く作業してください。

このレシピの生い立ち

カンパーニュ作りにはまっています。京風子さんのブログのカボチャカンパーニュの写真に一目惚れして、作ってみました。
レシピID : 732059 公開日 : 09/02/11 更新日 : 13/11/25

つくれぽ みんなのつくりましたフォトレポート

26 (17人)
写真
mxai
ふわふわ!
写真
*Midori*
断面が綺麗な黄色に出来ました。マッシュ出来ていないカボチャもありますが、ほんのり甘くて美味しかったです♪
写真
ユウコフスキー
食パンリクエストされ、型に入れてごめんなさい!でも美味しい(笑)

角食はずごく斬新!!これいいですね。真似させていただきます

写真
ユウコフスキー
小さく焼いてお弁当のサンドイッチに持たせました。ふわふわ〜♡

黄色い色目でもう気分が上がりますね♪いつも素敵に活用感謝です