しっとり茹で鶏 夏の香味野菜ダレ

しっとり茹で鶏 夏の香味野菜ダレ
余熱調理で仕上げた、しっとり&皮ぷりっぷりの美味しい茹で鶏(コツ有り)に、香味野菜ダレをたっぷりかけて♪

材料

鶏もも肉
大きめ1枚(250~300g)
小さじ1
約50㏄
香味ダレ
トマト
小1個(100g前後)
茗荷
1個
2~3本
新生姜
1~2かけ
●醤油
大さじ1強
大さじ1
●酢
小さじ1強
●砂糖
小さじ1/2
あれば盛り付けに
きゅうり
1/2本(ピーラーで縦に薄く削り水に放っておく)

作り方

1

【しっとり茹で鶏】鶏もも肉は皮にフォークで穴をあけ、塩をよくもみ込み15分くらいおく。

2

鍋に、肉と酒、肉が被る程度の水(200~300㏄程度)、あれば葱の青い部分や生姜のスライス(分量外)を入れ強火にかける。

3

沸騰したら、沸騰が続く程度の弱火に切り替え、蓋をして3分。『蓋をしたまま』火を止め粗熱がとれるまで30分以上放置。

4

煮汁ごとボウルなどに移して冷蔵庫で冷まします。茹でどりは完成!
冷し中華に、バンバンジーにと、色々応用出来ます。

5

【香味だれ】トマトは皮と種をとりのぞき1cm角に切る、他の野菜はみじん切り。●の調味料と合わせておく。

6

【盛り付け】皿に胡瓜(あれば)、薄くスライスした鶏肉を並べ、香味ダレをかけます。

コツ・ポイント

もも肉が絶対おススメですが、ムネ肉を使う場合は1分程度の加熱(放置時間は同じ)で。
新生姜が無い場合、普通の生姜で代用するよりもにんにく(みじん切り1/2かけ程)で代用する方が美味しいと思います。
水っぽくなるのでトマトの種は必ず取り除く。

このレシピの生い立ち

暑さにバテ気味で火を使った料理をやる気のない日に、適当に作ったところ好評だった一品。鶏肉の加熱方法は、昔調理師学校で学んだ棒々鶏のものをより簡単にアレンジしています。
レシピID : 1887635 公開日 : 12/07/23 更新日 : 17/01/26

このレシピの作者

イギリス(ロンドン)在住。自宅にて料理教室を主宰、調理師・インテリアコーディネーター(紙)・クックパッドレシピエール。
家族:7つ年上夫、娘4歳、息子2歳、猫2匹。
趣味:ホームパーティー 飲み食いメインの旅行
ちょっぴり小洒落た、かつ家庭ならではの料理が目標☆
毎日のご飯や育児の事、教室記録など、ブログに綴っております。
http://kechauru.blog.fc2.com/

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

13 (13人)

18/08/14

写真

香味ダレに野菜を追加しました。なす、パプリカ、セロリなどもOK!

YUCKY♡

色々入ってすっごく美味しそう!!素敵アレンジ大感謝♡

17/10/08

写真

鶏はもちろん、タレが旨〜い!!!

rakuen

こちらにも!!ありがとうございます。感激!!

17/10/04

写真

お店で食べるような本格的なお味でとっても美味しかったです!

ピーナッツ子♪

ピーナッツ子♪さん、嬉しいつくれぽをありがとう!!

17/09/10

写真

二人娘が頑張って作りました。とても美味しかったです。

はなかおるこ

はなかおるこさん、はじめまして♪ステキなれぽ大大感謝です!!