マナガツオの素揚げの甘辛あんかけ

マナガツオの素揚げの甘辛あんかけ

Description

脂の乗ったマナガツオを三枚におろし、一口大に切って素上げをしたところに、甘くて、辛くて、酸っぱいのあんかけで頂きます。

材料 (2人分)

マナガツオ(600g程度)
1尾
パプリカ(千切り)
10グラム
パクチー
適量
適量
【A】ナンプラー
大さじ1杯
【A】鶏だし塩スープ 鶏味塩
小さじ1杯
【A】匠のうまみ いいだしおだし
小さじ1杯
【A】はちみつ
大さじ1杯
【A】チリソース
大さじ1杯
【A】ライム汁
大さじ1杯
200cc

作り方

1

予めマナガツオを三枚におろし、肉の部分は一口大に切っておき、片栗粉をまぶして180℃の油で、全てを素揚げにする。

2

肉は適度に揚がったら一旦油落としをする。頭と背骨はカリカリになるまで揚げる。

3

鍋に油をひいてニンニクと唐辛子を炒める。そこに水と【A】の調味料を入れて中火で沸騰させ、水溶き片栗粉を入れてアンにする。

4

皿にマナガツオを並べ、熱々のあんかけを上からかけ、最後にパクチーとパプリカを飾って出来上がり。

5

写真

野菜が驚くほどに美味しくなる!
鶏だし塩スープ 鶏味塩
http://amzn.to/2xYH7TH

コツ・ポイント

マナガツオの肉の脂が落ちてしまわない程度に素揚げしましょう。頭と背骨は「骨煎餅」的に揚げると全てが食べられる様になります。

このレシピの生い立ち

魚の揚げ物のきっかけは「アジフライ」です。
てんぷらも含めて魚の揚げ物は、味わいの凝縮感がたまりません。そんな中から中華やタイで行われている、素揚げ+あんかけに興味を持ち作ってみました。
レシピID : 2057261 公開日 : 12/12/14 更新日 : 17/09/26

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」