簡単 さっぱりアップルパイ

簡単 さっぱりアップルパイ
クラストは、タルト生地を使うので、とても簡単。
フィリングも混ぜるだけなので、短時間で出来ますヨ。

材料 (パイ型18cm 1個分)

薄力粉(小麦粉)
480cc
冷やした無塩バター(ショートニング)
160cc(大さじ 10杯)
冷水
大さじ 4~5杯
りんご
1㎏
砂糖
100cc~120cc
薄力粉(小麦粉)
大さじ 2杯
シナモン
小さじ 1杯
小さじ 1/4杯
卵白
1個分
大さじ 2杯位
砕いたくるみや、レーズン(お好みで)
お好きな量

1

クラスト:
薄力粉に角切りにした無塩バター(ショートニング)を、フォーク等で切る様に混ぜ、生地がポロポロになるまで混ぜ込む。冷水を大さじ一杯ずつ加えて、生地がまとまるまで、練る。一まとめにして、乾燥しないようにラップを掛けて、冷蔵庫で30分zzz。

2

フィリング:生地を寝かせている間にフィリング作りです。りんごは、2mmの厚さの薄切りにし、レモン汁を絞りかけます。切ったリンゴに、砂糖・薄力粉(小麦粉)・シナモン・ナツメグ・オールスパイスを全体に絡まるように混ぜます。

3

成型:
生地①
クラストを小麦粉をはたいた、台に取り出し、2つに分けます。
うち一つは、乾燥を防ぐために、ラップを掛けておきます。
分けたクラストの1つを、パイ皿の一回り位大きいサイズの円形に、粉をはたいた麺棒を使って伸ばします。

4

伸ばしたら、麺棒に巻き付けて、パイ皿に移します。
パイ皿からはみ出た部分は、ナイフを使って、切り取ります。

5

生地②もう一つの生地は、パイの上の生地となります。生地①と同様に、伸ばします。サイズはパイ皿の縁よりも1.5cm前後はみ出る位の大きさにします。

6

パイ生地①を敷いた、パイ皿に手順②で下ごしらえしたフィリングを入れます。この時、リンゴが平たく重なるようにして並べると、切ったときに切り口がミルフューユ状になってきれいです。フィリングを入れたパイ皿を生地②で覆います。

7

生地②の縁を、生地①の下に畳み込み、縁の形(方法①、②、③参照)を作ります。

8

縁の成型:方法①
フォークを使って、縁に縦じま模様を型押しします。
(写真は後日アップ予定です。)

9

縁の成型:方法②
親指と人差し指を使って、形を作ります。
(写真は後日アップ予定です。)

10

縁の成型:方法③握りこぶしと、反対の手の人差し指で形を作ります。

11

表面の中心に一辺3cmの十字の切込み(空気穴)を入れます。

表面に、卵白を水で溶いたものを、刷毛で塗ります。
生地の縁が焦げないように、アルミホイルで覆います。

予熱した、オーブンで、アルミホイルを掛けて30分、アルミホイルを外して30分焼

12

焼きたては、フィリングが固まっていないので、形が崩れ易いです。
粗熱を取って、切り分けましょう。
お好みで、ホイップクリームやバニラアイスクリームを添えても美味しいです(*^^*)

コツ・ポイント

作り置きをすると、クラストがフィリングの水分を吸ってしまうので、サクサク感に欠けます。それでも、私は好きですが、『クラストは、サクサクが好き!』という方は、召し上がられる当日に焼いてください。

このレシピの生い立ち

レシピ本(Betty Crocker)の通りにしたら、砂糖の量が多すぎたので、自分の好みの甘さに調節。
スパイスも分量外で加えたら、さっぱりした好みのパイが出来ました。
レシピID : 233150 公開日 : 06/01/06 更新日 : 12/05/25

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

 
ringo617 2006年02月05日 15:15
材料の分量を教えてください。お願いします。
Profile はるぽんまま 2006年02月06日 01:33
材料の分量を明記していたつもりでした。
失礼しました。