貧血のときによく食べる一皿

貧血のときによく食べる一皿
若奥様のレバー嫌いをなおした一品。野菜の甘さがレバーの生臭さを消してくれます。

材料 (4人分)

人参
1本
鶏のレバー
130g
玉葱
中1/2個
醤油
大さじ1
大さじ2
塩•胡椒
適量

1

玉葱を分量の半分だけみじん切りにします。

2

レバーを水で洗い、一口サイズに切ります。余分な脂肪や筋、血の固まりは取り除いてください。

3

レバーの水気をしっかりとって、ボウルにいれ、1の玉葱と醤油にからめ、胡椒をし、冷蔵庫で30分間寝かせます。

4

レバーの準備ができたら、残りの玉葱をみじん切りに、人参を薄く輪切りにします。

5

フライパンを火にかけ、よくあたたまったところで油(分量外)をしき、玉葱と人参を中火で炒めます。塩、胡椒も忘れずに。

6

全体に火が通ったところで、3と酒をいれます。弱火にし、約10分間、蓋をしめて煮込みましょう。

7

人参がくったりとし、甘くなったら完成です。ざっとかき混ぜて、白いご飯と一緒に食べましょう!

コツ・ポイント

アサツキや、
バルサミコソースをかけて食べても美味しいです。

このレシピの生い立ち

フランスの友達が教えてくれたレシピを白いご飯に合うようにアレンジしました。お酒を白ワイン、醤油を塩にかえるとフランスのレシピになります。
レシピID : 255218 公開日 : 06/05/20 更新日 : 06/05/20

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」