鯛の塩焼き♡+魚の捌き方♪ 初心者にも*

鯛の塩焼き♡+魚の捌き方♪ 初心者にも*

Description

春、鯛の季節に☆鯛は日本ではずっと海産魚の王なんです。めでたい♪ 笑

材料 (2人分)

1匹(1/2使用)
(新聞紙)
少し
適宜

作り方

1

写真

鯛のウロコをとる。まな板に新聞紙を敷く。鯛を置き、(良くない包丁で)尾から頭側に向かってウロコを引く。刃でこそぐ。

2

写真

ウロコがとれたら洗う。洗いながら再度ウロコがないか包丁で引きながら確認。胸びれとヒレのラインをカット。頭の付け根〜斜めに

3

写真

腹側の1/3辺り、尾の穴があいた所まで切り込みを入れる。包丁を横に寝かせすーっと引く。(切れる包丁の方が良いです)

4

写真

先に切り込みを入れておろします。おろすラインに包丁の先で切り込みを入れておく。頭側の骨の上に包丁を添わせておろす。

5

写真

魚を置き変え、尾から背びれの上を骨づたいにひいていく。中骨の上を切り、身をはなす。ここまでが2枚おろしです。

6

写真

中骨のついた状態の身を皮目上にして置く。包丁を背びれの上をつたって中骨に添わせおろす。先に切り込みを入れておきます。

7

写真

包丁の先を使って、魚の腹側or背びれ側1/2づつ入れていくと美しく仕上がります。下身,中骨,上身の三枚で三枚おろし完成。

8

内臓の部分,骨はそぎ切りで落としました。★塩焼きにする。片側の身を1/2に切る。ペーパーで拭き塩をしてできれば数分置く。

9

フライパンに、フライパン用ホイルorクッキングシートをしいて皮目を下にして焼く。(フライパンに油と焼いても。

10

中火強火で3分ほど。焦げ目がついたら裏返す。少し焼いて焼き色をつけ、白ワインで蓋をし蒸し煮にしました。4〜5分で完成☆

コツ・ポイント

ウロコをとる時、飛ばさないようにする。気になればシンクで作業。始めに魚を洗う場合もあります。内臓処理が無かったですが、他の魚では手順⑶で内臓を取り、ボウルで汚れを洗う。ぜいごをとる等。大根おろしやライム,レモンを添えるとなお良い。(^^)

このレシピの生い立ち

美しい人には美しく居続けてほしい。そして、美しい鯛には美しいお料理になってほしい。神様に感謝。いただきます>_< ありがたい。鯛は白いし美味しいし、そういう気持ちになります。素敵すぎる。←)))勿論、目の透き通った1番美しい鯛を買う☆絶対
レシピID : 2586206 公開日 : 14/04/14 更新日 : 14/12/08

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

2014/07/22

First tsukurepo mark
写真

ふっくらおいしく出来ました!ごちそうさまでした(^-^)

ちゃいチャン

わ〜美味しそお!良かったです♡ありがとうございます(^ω^)