グルテンフリー チアシード入カップケーキ

グルテンフリー チアシード入カップケーキ
soico〜大豆のパンケーキミックス〜を使ったレシピ
バナナ風味のミニカップケーキをココナッツミルククリームで飾ります。

材料 (直径約5cmのミニカップケーキ型8個分)

<スポンジ>
『soico』(下記参照)
100g
大さじ2
90cc
○バナナ
30g
○塩
ひとつまみ
○バニラエクストラクト
少々
<ココナッツミルククリーム>
ココナッツミルク缶
400ccのものを2缶
50cc
●アガベシロップ
大さじ1〜2(お好みで増減)
●塩
ひとつまみ
●バニラエクストラクト
小さじ1
☆水
50cc
☆粉寒天
小さじ1
(トッピング) イチゴ
1粒
<ミックスベリークリーム>
ココナッツミルククリーム
100g
生または冷凍のミックスベリー
50g
(トッピング) ブルーベリー
2粒
<パンプキンクリーム>
ココナッツミルククリーム
30g
カボチャ
200g
メープルシロップ
大さじ1
ひとつまみ
(トッピング) ピスタチオ
1粒(半分にカット)
<ピスタチオクリーム>
ココナッツミルククリーム
100g
ピスタチオ
25g
(トッピング) チョコまたはキャロブチップ
少々

1

(下準備)ココナッツミルク缶を冷蔵庫でよく冷やした後、水気を切って、固形部分だけ取り出しておく。

2

(下準備)カップケーキ(マフィン)型に紙ケースをセットし、オーブンを180°Cに予熱する。

3

バナナをビニール袋に入れ、よくつぶす。カボチャは適当な大きさに切り、竹串がすっと通るくらいまで蒸して皮をむく。

4

○の材料をボウルに入れ、よく混ぜる。

5

(4)にsoicoを加え、さっくりと混ぜ合わせる。

6

スプーンを使って、生地を紙ケースのふちまで流し入れ、表面をならす。

7

180°Cのオーブンで35〜50分焼く。(途中、焼き色がついた段階でアルミ箔をかぶせて焼き続ける)

8

ココナッツミルククリームを作る。ココナッツミルク缶の固形部分のみをミキサーでクリーム状にし、●の材料を加えて混ぜる。

9

小鍋に☆の材料を入れて弱火にかけ、焦げないように混ぜながら2,3分加熱する。

10

(9)が熱いうちに(8)に加え、ミキサーで混ぜ、粗熱が取れたらミキサーでもう一度混ぜてから冷蔵庫で冷やす。

11

その他のクリームを作る。各材料をミキサーでよく混ぜ、しぼり袋にお好みの口金をつけて入れる。

12

カップケーキの粗熱が取れたら、クリームをしぼって飾る。※ポイント参照

13

※材料アレンジ、焼き加減のポイントはコメント欄をご覧ください。

コツ・ポイント

ココナッツミルク缶にあった水分は、カレーなどの料理やスムージーに使うことができます。
クリームを入れるときは、絞り袋を半分ほど折り返し、筒状のものに口を広げて立てておくと入れやすいです。

その他のポイントはコメント欄をご覧ください。

このレシピの生い立ち

『soico』はパンケーキだけでなく、様々な焼き菓子にもお使いいただけます。
レシピID : 2891137 公開日 : 14/11/19 更新日 : 15/05/25

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

15/02/10

First tsukurepo mark
写真

とーーっても美味しくて、クセになる味でした!子供も大満足でした!

あやゃぱん

ありがとうございます! 可愛らしくてキュンとしますね。

BeansJapan 2014年11月19日 15:43
※ここでは、植物性のものを使ったヴィーガンのレシピをメインに紹介しますが、植物油をバターに換え、卵を加えてもおいしく仕上がります。
(卵はsoico100gにつき2個加えます。その場合は豆乳を60cc減らしてください)

※植物油は、太白胡麻油や米油、グレープシードオイル等をお使いください。

※大豆粉は小麦粉と違い、混ぜすぎて粘り気がでてしまうということがないので、扱いやすい素材です。

※大豆粉は、小麦粉と比べると焼き色がつきやすく、火の通りがゆっくりです。使うオーブンによって焼け具合が異なりますので、途中でチェックをして調整してください。焼き始めから20分を過ぎてから、焼き色がしっかりとついてきたら、アルミ箔をかぶせて焼き続けてください。食べてみて、生地の水分が多いと感じる場合は、アルミ箔をかけたまま焼き時間を追加してください。
BeansJapan 2014年11月19日 15:43
[POINT]
○トッピングのクリームは、市販の生クリームや豆乳生クリームでも代用できます。
○しぼり袋に口金をセットするとき、口金が2/3以上出ていると抜けてしまうことがあるので注意します。
○クリームを入れる前に、しぼり袋の口金のすぐ上の部分を口金の中にねじ込んでおくと、クリームを入れたときに下からもれません。
○クリームを入れるときは、絞り袋を半分ほど折り返し、長めの計量カップなど、筒状のものに口を広げて立てておくと入れやすいです。
○袋の中のクリーム部分のすぐ上をねじるかクリップで留め、上からクリームが出ないようにします。
○利き手でクリームを持ち、反対側の手をそっと添えながらクリームをしぼります。