ミルクティーシフォンケーキ

ミルクティーシフォンケーキ
 ふんわりシフォンの優しいミルクティ味。2013’8’02に工程13,14を追記。

材料 (20cmシフォン型)

好みの紅茶
10g
牛乳
1/2カップ
卵(L)
6個
120g
薄力粉
120g
サラダ油
75cc

1

 紅茶は半量をミルで粉末状にし、粉と一緒にふるう。牛乳をわかし、残りの紅茶を入れてさっとひと混ぜしてそのまま5分ほどおく。その後、茶漉しで漉して、きゅっと押してミルクティー液を作る。

2

 卵は卵白と卵黄に分ける。カラザ(卵の黄身についている、白いヒモ状の部分)は卵白の方に入れて、必ず使うこと。卵白は出来れば1部凍るくらいに冷たくしておく。

3

 卵白をよくときほぐし、砂糖1/4を加えて電動泡だて器で泡だてる。ふわーっとして砂糖がなじんできたら、更に1/4量を加えてもったりするまで泡立てる。

4

 更に1/4量の砂糖を加えて(1/4量が残るはず)、角が立ってほんのちょっとおじぎするまで泡立てる。

5

卵黄をときほぐし、残しておいた砂糖を加えて電動泡だて器(メレンゲを立てた奴。洗わなくていい)で白っぽくなるまで泡立てる。電動泡だて器を回したまま、少しずつサラダオイルを加えて混ぜる。

6

 ミルクティー液を加えてよく混ぜる。ここまでで電動泡だて器はおしまい。ふつうの泡だて器に持ち替えて、薄力粉と粉末紅茶をふるったものを入れてよく混ぜる。

7

泡だて器を持ち上げると、ゆるめのホットケーキのような感じでたらりたらりとたれるような固さになるはず。オーブンを180度に温める。

8

 綺麗な泡だて器でメレンゲを角が立つまで泡立て、その後ぐるぐると混ぜてキメを整える。1/3量ほどを7の生地に入れて、泡だて器でしっかり混ぜる。

9

 ゴムベラに持ち替えて、残りのメレンゲの半量を卵黄生地に加え、ボウルの底からさっくりさっくり混ぜる。次にこの卵黄生地をメレンゲのボウルに入れて、底からさっくりさっくり混ぜる。色むらがなくなってからも5回ほど混ぜる。

10

 シフォンの型にどーっと流し込み、泡を追い出す要領で菜箸で2週ほど混ぜ、筒と側面をしっかり持って、底をとんとんと軽く台に打ちつけ、また空気を抜く。

11

 180度で50分、しっかり焼く。竹串をさして何もついてこなければ焼き上がり。一升瓶などに逆さにさして完全に冷めるまでおく。できれば一晩おく。

12

 まずパレットナイフを側面にこすりつけるように差し込んでは抜き、を繰り返して1周。竹串を筒の部分にぴったりくっつけながら上下させて1周。外の型を外す。底は薄い果物ナイフなどで丁寧に抜き差しし、皿をかぶせて逆さにし、筒を抜く。

13

写真

卵黄5個分、卵白7個分、BP小さじ1/2、紅茶はパウダーが3g、煮出し用が5gのバージョンの方が好みの仕上がりでした。

14

生クリーム200ccに練乳30g入れて泡立てたものを等分に添えると更にGood.

コツ・ポイント

 メレンゲが弱くなるのでカラザはとってはいけないのだそうです。ちなみに牛乳と書いてありますが、うちは低脂肪乳をいつも使ってるので、実際には低脂肪乳を使用しております。

このレシピの生い立ち

 空気抜きはたたきつけ過ぎると、かえって空気が入っちゃうようです。ほどほどに。
レシピID : 360578 公開日 : 07/04/16 更新日 : 13/08/02

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

14/09/29

First tsukurepo mark
写真

レシピいつも参考にさせてもらってます。おいしかったです♪

umidorin

 お役に立てて嬉しいです。有難うございます♪

Profile サンウ妻 2007年04月20日 13:04
卵白がとても冷えてた方が良い、というのがとても参考になりました。
ありがとうございます。
木瓜 2007年04月20日 22:17
 サンウ妻さん、こんばんは(^^)。

 卵白は冷たく、というのは本で読んだ知識でしたが、実際たててみたら、時間はちょっとかかっても、いいメレンゲだったんです。参考になって幸いです(^^ゞ