肉汁でやけどに注意その2♪我が家の小龍包

肉汁でやけどに注意その2♪我が家の小龍包
台湾で、病み付きになった小龍包。日本で食べると何であんなに高~いの?!肉汁溢れるあの小龍包を我が家で再現。あまりの美味しさに気を失います(゜д゜;)

材料 (20個分)

豚挽肉
200g
☆醤油
大さじ1
☆酒
大さじ1
☆砂糖
小さじ1
☆塩
小さじ1
小さじ1
煮こごり(ID:414635
3/4~1カップ
手作りの皮(ID:203335)もしくは餃子の皮
20~枚分
酢醤油・しょうがの千切り
お好み

1

写真

レシピID:414635を参照して《秘訣の煮こごり》を作ります。 ☆の鶏がらスープ50ccはここ(煮こごる前)から拝借。豚挽肉に☆の調味料を全て混ぜ合わせます。(煮こごりが固まるまで冷蔵庫で寝かせます)

2

写真

煮こごりがぷるんぷるんのゼリー状になれば(冷蔵庫で冷やしておく)、フォーク等であらく崩し、1の餡にしっかり混ぜ合わせます。

3

写真

出来れば皮も出作りで!今回はちゃこ@北海道さん参照です。(ID:203335)皮を手のひらで丸く押さえ、真ん中が厚め、周囲が薄くなるように、麺棒で伸ばします。直径8~9cmくらいかな?あとは頑張って餡を入れて成形!!

4

せいろにレタス等をひき、小龍包を並べ、強火蒸し器で7~8分蒸します。熱々肉汁に注意してお召し上がり下さい♪ お好みで酢醤油やしょうがの千切りとどうぞ^^

コツ・ポイント

餃子と似たようなものです。煮こごりさえ出来てしまえば、肉汁たっぷりの小龍包♪ 煮こごり作りが面倒ならば、鶏がらスープをゼラチンで固めてもOKだと思います。
皮が破れて肉汁が出てはおしまい~!!成形は難しいですが、微妙な形はご愛嬌^^;

このレシピの生い立ち

昔テレビで作り方を放送していた気がして、餃子が出来るのなら、と作ってみました。餃子と異なる点は、餃子にはにんにくを効かせますが、小龍包の場合はしょうがを効かせるところですね。台湾の味を思い出しての再現です^^
レシピID : 428173 公開日 : 07/09/11 更新日 : 14/02/19

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

5 (5人)

14/05/30

写真

下にキャベツひいたら分かりづらくなりました。大好評大感謝!

真黒海

大好評で良かったです♡綺麗に包めてますねぇ。つくれぽ感謝^^

10/11/24

写真

蒸す前の写真ですが、味は最高でした。 又作りたいと思います。

勇成のパパ

なんて美しい形!最高との嬉しいコメント有難うございます♪

10/04/19

写真

いっぱい作って冷凍しました~♪ 超美味しいです(^3^)ノ♪

yururi☆

まぁ、なんて綺麗な包み方!美味しくできて良かったですぅ~^^

09/01/29

写真

おいしく手作りできてうれしいです♪ありがとうございました☆

komomo2_2

美味しくできて良かったです^^こちらこそ有難うございました♪