栗の甘露煮 鮮やかクチナシ入り!

栗の甘露煮 鮮やかクチナシ入り!
レシピID:431773のクチナシ入りバージョン!やっぱり、見慣れた鮮やかさです。

材料

お好みの量
砂糖
むき栗の50~80%量
クチナシの実
1個
少々
 

1

写真

くちなしの実をお茶パックに入れてスタンバイ!

2

皮むきはレシピID :645864を参考に♪♪または→

3

写真

栗をかぶるくらいの水に1晩漬ける(鬼皮をふやかします)それから、鬼皮を剥きます。*渋皮まで剥ける専用器具があれば、それを使ってください。

4

写真

さらに、渋皮を剥いたところ。

5

写真

鍋に水を用意して、栗と重曹を一振りして軽く沸騰させます。(灰汁を取るためなので、軽くで大丈夫!)お湯を捨てます。2回繰り返すとかなりキレイな仕上がりになります。*湯を捨てるときに、栗に傷が付かないように、丁寧に♪

6

写真

栗が重ならない大きさの鍋に、栗と被るくらいの水を入れて、砂糖も入れます。(今回は400gの栗に対し、300g使用しました。)

7

写真

火を点けますが、中火弱火で。お茶パックに入れたクチナシも投入。。みりんは大さじ1ほど入れました。

8

写真

沸騰させますが、栗が踊らないように気を付けてくださいね♪私は96度で10分保たせました。(栗の鮮度で火が通る時間が変わるかもしれません。)

9

煮汁はあまり減りませんでした。くちなしを取り出し、このまま、自然に冷まします。冷める間に、栗に甘みが付きます。このまま1晩置きます。(保温鍋を使うと、栗が溶けてしまい、コンフィチュールになってしまいますので、ご注意を!)

10

写真

保存瓶を煮沸消毒します。瓶の水気を切って、⑦の栗と煮汁を入れます。長く保存するために、なるべく空気を入れない方がいいですよ

11

写真

栗を入れたら、いよいよ脱気作業です。再び、湯の中に入れ、沸騰状態を10~20分保たせます。瓶がぶつからないように気を付けてくださいね。

12

写真

右が今回のクチナシで着色をしたもの。実の鮮やかさはもとより、みりんの効果もあって、煮汁に鮮やかな黄色とトロミがでました。

コツ・ポイント

基本的に、仕上がりの画像以外は、レシピID:431773のものを流用しています。(基本的な作業は変りありませんので)クチナシと入れると、実の色がグッときれいに仕上がります。また、特有の風味も増します。クチナシの風味をしっかり残したい場合は、⑧のときに実を取り出さず、1晩置くとさらにしっかりと色・風味ともに付きます。ただ、‘薬っぽい’と感じる方もいらっしゃいますので、それぞれお好みで・・・

このレシピの生い立ち

今年3回目の栗加工。
この加工栗で、ちょこちょことお菓子やパンを作るのが楽しみです!
私は冷蔵庫で1年は保存しています♪(←ただし、瓶詰め加工に自信のない方、学んだことのない方にはおすすめしません!早めに食べて下さいね。)
レシピID : 438750 公開日 : 07/10/04 更新日 : 11/10/08

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

10 (8人)

18/10/14

写真

何回も作ってしまいます!

chiーandy

大きそうな栗~クチナシが入ると実崩れしにくいし良いですよね♪

17/12/29

写真

やっぱりクチナシ入ると違いますね!

chiーandy

クチナシありはキレイで煮崩れしにくくなって一石二鳥ですよね!

17/10/20

写真

渋皮が少し残ってますが…綺麗に仕上がりました☆これから活用♪

みおてるママ

キラッキラ~☆これ、このまま食べたい~!れぽ、ありがとう

16/09/30

写真

美味しく炊き上がりました お正月まで我慢です ありがとー

★とも母ちゃん★

荷崩れ無しで、すごくおいしそう~♥れぽ、ありがとう♪

Profile yumiran 2008年10月03日 15:37
/Users/kimurayumi/Desktop/IMG_0939.JPG
有り難う♪美味しく手軽にできました。ヾ(@⌒¬⌒@)ノ ウマヒィ