スペイン風アーモンドチョコ☆砂糖控えめ

スペイン風アーモンドチョコ☆砂糖控えめ
キャラメルコーティングしたアーモンドをプラリネ入りのホワイトチョコとココアで包んだお菓子。贈り物にも、自分用にもどうぞ。

材料 (出来上がり約70粒)

アーモンド(あれば生の皮なし) *手順⑬参照
100g
無塩バター
5g+5g
ホワイトチョコ(あれば製菓用)
100g
ココアパウダー(無糖)
大さじ1ほど

1

写真

できるだけ欠けていないアーモンドを選ぶ。
160度余熱のオーブンで10分ローストする。香ばしく軽く色づくまで。焦げ注意。

2

写真

小鍋にグラニュー糖と水小さじ2を入れて中火にかける。
スプーン等は使わず、鍋を揺すって混ぜる。

3

写真

泡の大きさが1cmぐらいになったら、弱火にしてアーモンドを加える。木ベラで底からすくうように混ぜ続ける。焦げ注意。

4

写真

すぐに砂糖が結晶化しますが再度溶けます。表面が飴色になるまで、絶えず混ぜ続ける(アーモンドを入れてから7〜8分)。

5

写真

火を止め、バター5gを加えて混ぜる。
オーブンシートか油を薄く塗ったバットに取り出す。

6

写真

お互いくっつかないよう、スプーン2本で手早く一粒ずつに分ける。表面が固まるまで室温で冷ます。

7

写真

⑥の中で形が崩れたり小粒なものから順に1/4を選び取り、フープロで2mmぐらいに砕く(これがプラリネ)。

8

写真

約50度で湯せんした器にバター5gを入れて溶かす。
細かく刻んだチョコも加えて完全に溶かし、⑦を加え混ぜる。

9

写真

⑧に残りのアーモンドを10粒ほど入れる。
スプーン2本を使い、茶色い表面が見えなくなる程度にチョコを1粒ずつ絡める。

10

写真

チョコを絡めたアーモンドをオーブンシートに取り出し並べる。
これを繰り返し、すべてのアーモンドにチョコを絡める。

11

写真

粘土ほどの固さになったらラップで包み形を整える。
室温やチョコの種類によっては固まりにくいため、冷蔵庫で約10分冷やす。

12

写真

ココアを入れたビニール袋に入れ、振ってまんべんなくまぶす。
茶漉しに入れて振るい、余分なココアを払い落とし出来上がり。

13

*アーモンド*
製菓用のマルコナアーモンド(平たくて丸めの)がおすすめ。なければ長細いもの(塩なし)でもok。

14

皮つきの場合、沸騰した湯に入れて3分煮た後、ザルに取り水をかけて冷やし手で皮をむく。つるりと簡単にむけます。

15

写真

手間はかかるけど分厚いキャラメルがバリッと美味しい「砂糖たっぷり」版はこちら。
ID : 4459415

コツ・ポイント

◆グラニュー糖の量が多いと、結晶化した砂糖が溶けにくくアーモンドに余分な熱が入り焦げるため、分量どおり35gを上限にしてください。
◆チョコにプラリネを入れることにより、成形しやすい固さになり風味もよくなります。

このレシピの生い立ち

夕食後にこれを食べながらソファでのんびりするのが至福のとき(太るけど)。買うといい値段なので自作しました。レシピいくつかを元に何度か試し、作りやすく美味しい分量・手順に調整。
カタルーニャ語でカタニャ(Catània)。
レシピID : 4418209 公開日 : 17/04/08 更新日 : 17/04/08

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」