大雑把なフレンチ ブフ・ブルギニヨン

大雑把なフレンチ ブフ・ブルギニヨン
明日の夜忙しいから今日の夜ごはんと一緒に仕込んじゃお、という時の料理です。
たまねぎを炒めながら今日のご飯の支度をすると時間が有効に使えます。
今夜のごはんに手がかかるときはいったんたまねぎの鍋の火は止めてしまいましょう。

材料 (3~5人分)

牛肉 ブロック肉か大きめの角切り(部位はもも・肩・バラなど)
500~800g
200~300cc
玉ねぎ
5~600g(中3~4個)
マッシュルーム(エリンギなどでも)
15~20個くらい
小麦粉
大さじ2杯くらい
塩・黒コショウ
適量
2かけ
ローリエ・ローズマリーなど好みの香辛料
適量
つけあわせのゆで野菜
適量

1

たまねぎを薄切りにする、あめ色になるまで炒める。30分くらいかかる。

2

塩コショウをした牛肉に焼き色をつける。にんにくも一緒に炒める。
表面がしっかり固まったら小麦粉をふりいれる。

3

1のたまねぎと2の肉を一緒にして赤ワインを注ぐ。香辛料を入れる。
肉にかぶるくらいの水を足して2~3時間煮込む(肉が柔らかくなるまで)
途中で火を止めてそのまま冷ます。

4

別のフライパンでマッシュルームをバターでいためる、あればパセリも一緒に。

5

1度なべから肉を取り出して、ソース(煮汁)を煮詰める。4のマッシュルームをいれ、焦がさないようになべ底からこそげるようにする。(このソースがおいしい、残ったら鳥肉のソテーとかゆでジャガイモにつけたりして食べてね)

6

付け合せの野菜を用意する。 カブ・ジャガイモ・にんじん・ブロッコリー・とうもろこし・チンゲン菜などの塩茹でなど。パルミジャーノチーズであえたパスタ、クスクスやバタライスもおいしい。

7

煮詰まったソースに肉を戻して暖める。ソースをたっぷり添えて出してください。

コツ・ポイント

牛肉は好みの部位を使ってください。味付けは塩コショウだけですが、味が足りなかったら固形ブイヨンなどで調節してください。ワインはあんまり甘くない方がいいのかな、と私は思いますが、甘めの味付けがお好きな方は甘めでもいいのかも。

このレシピの生い立ち

以前どこかで食べた料理の味と、新聞か何かで見かけたうろ覚えのレシピを合わせて適当に作ってみました。
レシピID : 450537 公開日 : 07/10/29 更新日 : 07/10/30

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

11/02/08

First tsukurepo mark
写真

煮詰めたソースがホントにおいしかったです^^また作ります

snack172

初つくれぽ、うれしいです。ありがとうございます(*^^*)