すみこおばあちゃんの鯛の「蒸し」の画像

Description

高知県香美市香北町で作られる鯛におからを詰めた土佐の郷土料理、ニンニク葉の風味がよう効いて酒飲みにはたまらん味!

材料

鯛(2〜3キロ)
一尾
塩(塩漬け用)
一掴み
おから(2袋)
500g
葉ニンニク
120g
木綿豆腐
1丁
3個
砂糖
100g
15g
大さじ1

作り方

  1. 1

    写真

    頭を左にしてヒレと骨が上の身につくように、2枚におろす。

  2. 2

    写真

    捌いた鯛は強めに塩をふって一晩冷蔵庫で寝かす。水分の多い目の部分は特に多めに塩をする。

  3. 3

    写真

    詰め物の具材。
    (写真は2尾分)

  4. 4

    写真

    具材作り。
    葉ニンニクを刻み更にフードプロセッサーでペースト状にする。

  5. 5

    写真

    胡麻と葉ニンニクをすり鉢で十分に練ったら豆腐を潰しながら加える。

  6. 6

    写真

    おからと卵も加えたら、砂糖と塩で甘く味付けをする。

  7. 7

    写真

    手を使ってしっかりこねる。

  8. 8

    写真

    鯛は流水で塩を落とし、キッチンペーパーでしっかり水気を拭き取り、背からおからをすきまなくしっかり詰める。

  9. 9

    写真

    立派なヒレを寝かせないように爪楊枝で立たせる。

  10. 10

    写真

    取り出しやすいように藁を渡し、ハランを敷いた上に鯛を置く。

  11. 11

    写真

    一緒に入れた芋が蒸し上がったら出来上がりのサイン!

  12. 12

    写真

    柔らかくなった身を崩さぬよう、そっと藁を引き上げ大皿に移す。

  13. 13

    写真

    もし皮が裂けていたら、ゆで卵の黄身を裏漉しして散らす。

  14. 14

    写真

    食べるときは二つに割ってほぐし、鯛の身とおからを一緒に頂きます!

コツ・ポイント

鯛にはしっかり塩をする。おからは甘めに味つけしちょきよ。
蒸しゆう間に鯛のうまみと塩気がおからに、おからの甘みが鯛に移って美味しく仕上がるがよ。
自宅の蒸し器のサイズに合わせて魚を選んだらえい、捌くがぁが苦手やったら魚屋さんに頼んだらえい。

このレシピの生い立ち

すみこおばあちゃんのおせち料理には欠かせない一品。正月おきゃくがひときわ華やぎます。
レシピID : 4567164 公開日 : 17/06/08 更新日 : 24/01/03

つくれぽ みんなのつくりましたフォトレポート