すみこおばあちゃんの鯛の「蒸し」

すみこおばあちゃんの鯛の「蒸し」
高知県香美市香北町で作られる鯛におからを詰めた土佐の郷土料理、ニンニク葉の風味がよう効いて酒飲みにはたまらん味!

材料

鯛(2〜3キロ)
一尾
一掴み
おから
500g
葉ニンニク
2本
木綿豆腐
1/2丁
2個
砂糖
130g
大さじ1

1

写真

骨をつけたまんま背開きで三枚におろし、捌いた鯛は強めに塩をして一晩冷蔵庫で寝かす

2

写真

具材作り。
葉ニンニクを刻み更にフードプロセッサーでペースト状にする。

3

写真

すり胡麻に葉ニンニク、木綿豆腐を加えすりこぎで練る。

4

写真

おからと卵も加えたら、砂糖を入れ甘く味付けをする。

5

写真

鯛の背からおからをすきまなくしっかり詰める。

6

写真

立派なヒレを寝かせないように爪楊枝で立たせる。

7

写真

取り出しやすいように藁を渡し、ハランを敷いた上に鯛を置く。
一緒に入れた芋が蒸し上がったら出来上がりのサイン!

8

写真

食べるときは二つに割ってほぐし、鯛の身とおからを一緒に頂きます!

コツ・ポイント

鯛にはしっかり塩をする。おからは甘めに味つけしちょきよ。
蒸しゆう間に鯛のうまみと塩気がおからに、おからの甘みが鯛に移って美味しく仕上がるがよ。
自宅の蒸し器のサイズに合わせて魚を選んだらえい、捌くがぁが苦手やったら魚屋さんに頼んだらえい。

このレシピの生い立ち

すみこおばあちゃんのおせち料理には欠かせない一品。正月おきゃくがひときわ華やぎます。
レシピID : 4567164 公開日 : 17/06/08 更新日 : 17/06/08

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」