ラーメンスープでカレー鍋のバカヤロー!

ラーメンスープでカレー鍋のバカヤロー!
カレー鍋って、カレー粉を少量にして、ヘルシーな感じにカレーをつくるとみた。
美味しかった味噌汁の汁やラーメンの汁は絶対にとっておいてカレー鍋のベースにしましょう。
ハバネロペッパーがあれば、辛さはお好みで調整できます。

材料 (2人分)

ラーメンの残りスープ
2人分(毎回飲まずに漉して、とっておきましょう。)
2かけらを刻む
白菜
6枚
玉ねぎ
半分
豚肉
200g
人参
1本
まいたけ
1パック
ねぎ
沢山
きくらげ
適量
イモ類
適量
糸こんにゃく
1袋(事前に湯がきましょう)
豆腐
半丁(事前にレンジでチン)
袋1本
鶏がらスープの素
大さじ1
牛乳
適量
2カップ

1

白菜、人参、玉ねぎ、イモ類などの冷蔵庫に残っている野菜達を、まるでポトフを作るかのように、大きめにきります。

2

保存しておいたラーメンを食べた後に、残ったスープに、牛乳と刻んだカレー粉、ダシ類を適当に入れます。(もちろん、ダシは強めに。) 私は、ほんだし、鶏がらスープの素をたっぷり入れました。更に昆布を入れてもいいでしょう。

3

白菜の白い部分をスープに入れてまずは煮込みます。 昆布をいったん取り出して、後でおかずにします。

4

5分ぐらい経ったら後の残りの具材を鍋にいれて、ぐらぐら茹でながら食べます。スープを少量だけ器にとって、好みで味塩コショーを振って食べます。

5

そして、今回も鍋のスープはできるだけ残して翌日には味噌や醤油を入れて、更に進化したカレー鍋をいただきましょう。

6

そして、翌日には更に残したスープが薄ければ、カレー粉を足して・・・。

コツ・ポイント

カレー鍋というより、私は現在スープ作りが命。残ったスープは絶対に、ほかりません。今日作った鍋のスープは、明日へつながるカレー鍋スープです。スープの上に浮かぶのは、灰汁ではなくダシだと考えましょう。 (ただ、マロニーさんや雑炊さんは私の敵です。出来上がった極上のスープを吸い取ってしまいます。私の鍋の友達は、マロニーよりも事前に茹でて臭みを捨てた糸こんにゃくさんです。)

このレシピの生い立ち

とにかく、ほかれないそして、もったいない。要は、静岡おでんやウナギのタレなど、どんどん熟成されていくスープを作るのが目的です。 できれば、次世代に向ける100年使い続けた鍋のスープを考案中です。(もちろん、痛まないように定期的に火を通したり、冷凍したりしなけばいけないのですよね。)
レシピID : 462028 公開日 : 07/11/18 更新日 : 07/11/18

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」