塩麹と圧力鍋で柔らか、蓮根入りサムゲタン

塩麹と圧力鍋で柔らか、蓮根入りサムゲタン

Description

塩麹で漬け込んで鶏肉を柔らかく、圧力鍋で煮込んで時短で柔らかく、シャキシャキ蓮根も入れた、柔らか濃厚スープのサムゲタン!

材料 (3~4人分)

鶏肉(手羽元)
8本(500~600g)
ネギ
1本
蓮根
1節(80g程度)
大さじ3
900cc程度
鶏肉漬け込み用
大さじ1
大さじ1
味付け用
大さじ2
鶏がらスープの素(創味シャンタン)
小さじ1
仕上げ
少々
しょう油
少々

作り方

1

写真

ネギを斜めに薄く切り、蓮根は皮を剥いてスライサーで薄く切っておきます。
☆蓮根は変色防止のため少量の酢を掛けておくとよい

2

写真

ビニール袋に、鶏の手羽元、塩麹、酒を入れて軽く揉んで、30分程度放置します。

3

写真

フライパンにサラダ油を入れて、漬け込んだ鶏の手羽先の皮目を焼き色が付くまで、中火で焼きます。
☆省略可

4

写真

圧力鍋に、焼き目のついた鶏の手羽先を並べます。

5

写真

さらに、薄く切ったネギ、水、にんにく、しょうがを入れて蓋をして、強火にかけて、圧力が掛かったら中火で10分煮込みます。

6

写真

10分煮込んだら火を消してそのまま圧力が下がるまで待ちます。

7

写真

蓋を開けて、蓮根、鶏がらスープの素を入れて蓋をして、再度圧力を掛けて、5分煮込みます。

8

写真

5分経ったら火を止めて、自然に圧力が下がるのを待ちます。
器に盛り付けて、ネギの青い所をかけて完成です。

9

☆仕上げに、塩麹、そしてやはり日本人はしょう油を少しかけると、私的には最高に美味しかったです。

コツ・ポイント

※鶏肉の皮目を焼くのがポイントです。カレーの時などいつも焼いているので同じ様にしてみました。
※塩麹と酒で鶏の手羽先を漬け込むのがポイントです。
※仕上げに、塩麹、しょう油を入れて食べると美味しいです!

このレシピの生い立ち

サムゲタン(参鶏湯)が食べたく、長い時間煮込むのも面倒なので、塩麹と圧力鍋を使って、時短で柔らかく出来ないかと思い考えました。具材もネギだけでなく、シャキシャキの蓮根も入れました。蓮根のムチンという成分は、喉の粘膜にいいですよ!
レシピID : 5281694 公開日 : 18/11/03 更新日 : 18/11/03

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」