パウンド型でりんごのケーキ

パウンド型でりんごのケーキ
りんごたっぷりのケーキです。サラダ油を使用し、フワフワの仕上がりです。パウンドケーキというよりシフォンケーキ寄りだと思います。りんごだけ買ってくれば、あとは家にありそうな材料です。

材料 (パウンド型1台分)

りんご(紅玉だとうれしい)
2個
薄力粉(フィリング用)
大さじ2
薄力粉
100g
2個
サラダ油
50g
砂糖
60g

1

写真

りんごは厚さ5mm程度のいちょう切りにし、塩水にひたす。水切りしたリンゴを皿に移し、ラップをかけてレンジ(600w)で5分ほど加熱する。★写真は木べらですが、ゴムべらにしておくと、⑧で再利用でき洗い物が一つ減ります。

2

写真

①をできるだけ水切りする。 ◆
写真はざるにクッキングペーパーを敷き、水分をとろうとしているところです。フィリングが重いので水切りは大切。

3

写真

水を切ったりんごと薄力粉(フィリング用)をあえる。 ★①で使った皿とへらを洗わないでおいて、ここで利用。

4

写真

突然ですが、オーブンを180℃に予熱しはじめ、焼き型の用意。パウンド型にあわせて紙を切ったり、バターを塗ったりする手間をはぶきます。クッキングシートを型の長い方の辺と同じ長さ(だいたい)で切り、写真のように入れます。

5

写真

種を作ります。薄力粉とベーキングパウダーを用意します。★あとで合わせてふるうので、同じ器で用意し、軽くまぜておくと便利です。写真のスプーンはベーキングパウダーを計ったあとのものを活用。

6

写真

大きめのボウルで卵をほぐし、次にサラダ油を加えまぜます。更に砂糖を加え、まぜます。★デジタル計に作業中のボウル&泡立て器をのせ、目盛りをゼロにもどして砂糖を計り加えると洗い物マイナス1。

7

写真

⑤の粉をふるいながら一度に加えます。
★大きめのボウルの中に小さいふるいを入れてカシャカシャすれば、洗い物マイナス1。

8

⑦を泡立て器でダマができないようにまぜます。次に、泡立て器をゴムべらに持ち替え、③のりんごを加えて混ぜます。

9

写真

⑧を④の型に流し入れ、予熱していたオーブンで40分ほど焼きます。◆私のオーブンレンジの取説にはパウンドケーキを45~50分で焼くレシピが載っていたので、45分で焼きました。竹串を刺してくっつかなければいいのです。

10

焼き上がったら、オーブンから出し、そのままあら熱をとります。あら熱が取れたら、④で紙を敷かなかった側面を竹串やスパチュラではがし、外に出ている紙を引き上げるときれいに型からはずせます。

11

写真

【完成】写真はシナモンパウダーをかけて。シナモン好きも苦手な人も一緒に楽しめますように。

コツ・ポイント

①で、りんごは習慣的に色止めで塩水につけました。レモン汁でも、何もしないで茶色くなってもいいと思います。

バター品薄の世相を反映してサラダ油で作ったら、ふわふわ軽い仕上がりになりました。

レシピをお読みになるとバレバレですが、私は洗い物削減に全力を注いでいます(笑) ★←の印の数ほど洗い物は減っています。だって台所せまいんだもの(拙頁表紙参照)。

このレシピの生い立ち

りんごたっぷり2個入ったパウンドケーキが焼きたくて作りました。

今回は「ふわふわバージョン」ということで、パウンドケーキと呼ぶにはふわふわすぎたため「パウンド型で~」というタイトルにしてあります。今度はしっとりバージョンを焼きたいな。
レシピID : 563886 公開日 : 08/05/04 更新日 : 08/05/04

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

22 (22人)

17/01/10

写真

りんご頂いたので。サラダ油で出来て助かります(^^)美味♡

れれれれ★

たっぷりのリンゴが美味しそうです(^^) レポに感謝!

16/12/28

写真

紅茶葉入りです。表面サクッ、中身ふわっ♡ 素敵なレシピ感謝です!

香芝きなこ

紅茶葉とリンゴは相性抜群ですね(^-^) レポに 感謝です

16/09/15

写真

美味しくできました\(^^)/

t0MomI☆

林檎ぎっしりで美味しそうですね♪レポありがとうございます

16/03/14

写真

黒糖を半分入れたので少し濃くなりました。とても美味しいです!!

カンキチっち

黒糖も美味しそうですね!レポありがとうございます

1 2 3 4 5
Profile キャソ 2008年10月01日 08:28
はじめまして!
とても美味しそうですね!
是非、作ってみたいのですが、
林檎は、2個も入って、焼き上がりは、ムチムチしっとり
ってしないのですか・・??
1個だと・・??
よろしければ教えて下さい!
おねいさん 2008年10月03日 20:46
お返事、遅くなりまして申し訳ないです(>_<)

このレシピはフィリングが重くならないように、小細工を重ねたものです。
林檎を薄く切ったり、水分を減らすようレンジを使ったり。
小麦粉を林檎にまぶすのも、生地にまざるのに抵抗するためです。
つまり、林檎がふんわりした生地のお邪魔にならないようなレシピなんです。

あとは、生地と混ぜてからすぐ焼けるようオーブンを設定しておいて、
林檎が沈殿する前に焼いてしまうとか、
ちょっとしたポイントですかねぇ。