メカジキのゴマまみれソテー

メカジキのゴマまみれソテー

Description

脂の乗ったメカジキに香ばしいゴマがたっぷりついた、フライパンひとつで簡単な主菜です。

材料 (2人分)

メカジキ切り身(腹身使用)
2切れ(180g)
下味用
*醤油
大1
大1
*イタリア産ヴァージンオリーブオイル(オリーブオイル)
大1
煎りごま(白)
大4
長ネギ(斜切り)
2/3本(110g)
舞茸(しめじ等きのこ類)
2/3P(90g)
ブラックペッパー
少々(適宜)

作り方

1

写真

バットに下味用の*印を加え混ぜ合わせ、メカジキの切り身を表裏返しながら調味をからめ、

2

写真

平ザルの上にメカジキをのせ(残った調味料は後で使います)、煎りごまを片面につき大1程ずつまぶし付ける。

3

写真

舞茸は食べやすい大きさに房分けし、長ネギは1cm幅の斜切りにする(青い部分も加えたほうが彩りよい)

4

写真

フライパンににんにくのスライスとオリーブオイルを加えてから弱火で熱し、にんにくが色づいてきたら一旦取り出し、

5

写真

メカジキの表面から中火で焼き、焼き色が付いたら裏返して火加減を弱火にし、(鉄のフライパン使用の火加減です)

6

写真

3の野菜をフライパンの空いている箇所に加え蓋をし蒸し焼きする。

7

写真

メカジキに火が通ったら一旦火を止め、盛り付ける皿に取り出す。野菜にはまだ火が通ってないので中火で炒め油が回ったら、

8

写真

1の下味用の調味料を加え炒め合わせる。仕上げにブラックペッパーを振り野菜のソテーの出来上がり。

9

写真

魚に付け合わせ野菜のソテーを盛り付け、4の取り出したにんにくをお好みで最後に盛り付け出来上がり。

コツ・ポイント

ゴマをまぶすときは付けたゴマが落ちないように、フライ返しやスパチラを使い魚を返し両面に付け易くなり、またフライパンで焼くときもその調理道具を使い並べ入れるとゴマが落ちることも少なくなります。

このレシピの生い立ち

刺身用サーモンの柵で作っていた(ミディアムレアで焼付け冷めても美味しい)調理法ですが、ごはんのおかずには切り身の魚で野菜も一緒にソテーが美味しく仕上がりました。
レシピID : 6089628 公開日 : 20/03/19 更新日 : 20/04/02

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

4 (3人)

20/04/02

写真

メカジキでとても美味しかったので今回はチキンで作ってみました♪思った通りとても美味しかった♪ご馳走様でした^ ^

☆GSSQHY☆

20/03/23

写真

しめじで作りました。ゴマが合って美味しかったです!

くにたんころぺ

20/03/23

写真

ゴマやキノコなどバランスが良く、味も美味しかったです。

ゆきユキゆっきー

20/03/21

First tsukurepo mark
写真

一口食べた息子がねいつもご飯美味しいけど最近腕あげたよねって此れ旨いよう〜んって唸っておりました♪パサつかずとにかく美味しいゴチ

☆GSSQHY☆