ヨウサマの減塩夕食基本的な病院食の日2⑬

ヨウサマの減塩夕食基本的な病院食の日2⑬

Description

私は心臓疾患で昨日の定期検査で異常はなかったのですが、投薬の都合で副腎臓のカリウム不足でカリウム中心メニューです

材料 (3人分)

★ゴボウサラダ大体総量500g程になります。/ゴボウ&人参の金平セット(冷凍ゴボウサラダ・業務スーパー)
100g
シーチキン(オイルを抜く)30g
1缶
キャベツ・玉ねぎの千切り
キャベツ大1枚・小ぶり1個
白滝(下茹でして水を切り食べ易い様に切る)
1袋100g
☆練りゴマ・すりゴマ・マヨネーズ
大さじ2
☆甜麺醤・豆板醤・かんたん酢・オリーブオイル・グラニュー糖
各小さじ1
★筍の千炒(ガンシャオ)A水煮筍千切りタイプ
1袋150g
A人参(5cm位千切り)
1本
A味付けメンマ
1袋50g
Aサラダ油
大さじ1
Bネギ(青&白)を斜めに千切り
1本
B味付けザーサイみじん切り(業務スーパー)
80g
B干し甘エビ
30g
サラダ油
大さじ1
☆☆隠し味/鶏油
小さじ1
大さじ1
鶏そぼろ(業務スーパー)
大さじ3

作り方

1

写真

〈ゴボウサラダ〉
☆の調味料に常温に戻したゴボウ、人参、玉ねぎ、キャベツ、白滝、シーチキンを加えてサラダを作る。

2

写真

<千炒ガんシャオ>
筍と人参を下茹でし、水を切る。
※こちらはAです。

3

写真

下茹でした具材を湯切りしメンマをサラダ油で軽く炒める。
焦げそうならお玉1程差水を入れる。
※こちらはAです。

4

写真

食べきりサイズの味付けザーサイです。
みじん切りにする。
※こちらはBです。

5

写真

AとBを別々に炒めます。サラダ油を敷き干しエビ、搾菜、ねぎを炒る。焦げそうならお玉1程差水を入れる。
※こちらはBです。

6

写真

ここでAとBを合わせる。

7

写真

隠し味の☆☆で、最後に鶏そぼろを加える。

8

写真

ご飯は市販の混ぜご飯の素で混ぜました。
味噌汁はあご出しとすりゴマを加えてお玉1/4で作ってます。

コツ・ポイント

A火が通りにくい具材とB香りがあるものと分けて調理する。干しエビとザーサイの香りが良く食欲が出ます。この具材で焼きうどん、焼きそばに合います。
ゴボウサラダに白滝とキャベツを入れるとよりカリウムが取れる。

このレシピの生い立ち

9月の検査まで薬に頼らずカリウムを摂取し体質改善したいです。

1日1600カロリー塩分6g 1食あたり533カロリー塩分2gです。

塩分取りすぎると水分の取りすぎでリバウンドしますので調整が必要です。
レシピID : 6140916 公開日 : 20/04/16 更新日 : 20/08/03

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」