カラメルりんごのアップサイドダウンケーキ

カラメルりんごのアップサイドダウンケーキ
カラメルで煮て少しの苦味と甘味、そして酸味のあるりんごをたっぷり並べたケーキです。1~2日置いたほうが美味しくなります。
nin nin

材料 (18cmホール型1台分(底取れしない型))

(カラメルりんご)
 りんご
2個
 水
大さじ2杯
 ラム酒
大さじ1杯
(生地)
 バター
100g
 玉子
2個
 牛乳
大さじ2杯
 薄力粉
100g

1

生地用のバターと玉子は室温に戻しておく。

2

写真

(カラメルりんご)
りんごは皮をむいて芯をとり、くし形に16等分する。

3

写真

りんごを耐熱容器に入れレモン果汁をふりかけてラップし、レンジで500W×6分加熱する。このとき2分ごとに全体を混ぜる。

4

写真

フライパンにグラニュー糖と水を混ぜ入れ、中火にかける。

5

写真

ときどき木べらなどでかき混ぜながら、焦げてカラメル色になるまで加熱する。色付き始めると一気に変わるので注意。

6

写真

りんごを汁ごとまとめて入れ(カラメルが跳ねるので注意)、ラム酒も加えてカラメルを全体に絡ませながら中火でりんごを煮る。

7

写真

ときどき混ぜながら煮汁がりんごに絡むようにし、煮汁が大さじ1~2杯程度になるまで煮詰める

8

写真

内側にバター(分量外)を塗った型に煮汁を流し入れてからりんごを並べる。並べ方は手順9、10参照。

9

写真

りんご3枚を組み合わせて真ん中に置き、そのまわりを6枚で少しずつ重ねながら囲む。

10

写真

そのまわりに少しずつずらして重ねながらりんごを並べる。りんごの重ね方は手順最後にある(りんごの重ね方)を参考。

11

写真

(生地)
軟らかくしたバターに三温糖を入れ、白っぽいクリーム状になるまで混ぜる。

12

写真

溶き玉子を3回に分けて加え、都度、分離しないように混ぜる。その後、牛乳を加えて分離しないようにしっかり混ぜる。

13

写真

薄力粉とベーキングパウダーをふるいながら一度に加え、しっかりと混ぜあわせる。

14

写真

(全体)
型に並べたりんごの上に生地を静かに流し入れ、ヘラで平らにならす。トントンとするとりんごの並びが崩れます。

15

170℃に余熱したオーブンで170℃×35~40分焼く。串を刺して生地がつかなければOK。

16

型のまま冷まし、粗熱が取れたら板をあててひっくり返して型から出し、カラメルが固まるまで冷ます。

17

写真

(りんごの重ね方)
ひっくり返した時の上面にりんごの外側が見えるようにこのように重ねる。

18

写真

この重ね方のほうが並べやすいけど、ひっくり返した時の上面はりんごの芯のほうが表に出てて見た目が良くない。

コツ・ポイント

カラメルにりんごを入れると急に温度が下がってカラメルが固まるけど、煮込む間に溶けるので問題なし。 りんごを最初にレンジで加熱することでカラメルで煮るときに早く煮えます。りんごを煮て軟らかくするので写真のように重ねやすくなります。

このレシピの生い立ち

高校の同級生からクリスマスケーキの依頼を受けての検討品。夫は別の材料、嫁はりんごのケーキを希望し、世間の常識(笑)で嫁の希望を採用。でもカラメルは夫の希望で。
レシピID : 690855 公開日 : 08/12/09 更新日 : 08/12/30

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

69 (66人)

17/11/11

写真

エンゼル型で焼きました。美味しかったです\(^o^)/

vancayan

エンゼル型はりんごの幅にちょうどいい感じのようですね。

17/10/20

写真

スクエア型で作りました。美味しくて家族に大好評でした♪

柚子好き☆

大好評とのことでよかったです。れぽどうもです。

17/09/20

写真

カラメル感が足りなかったか…。美味しかったですがリベンジします

ともちゃん0123

しっかり、でも焦げすぎないようにというのが難しいですね。

17/06/20

写真

半量パウンドケーキ型で。大好評であっという間に食べきりました!

ねこち☆

なかなかいい感じの色ですね。れぽありがとうございます。

1 2 3 4 5
きゃしー 2008年12月27日 13:28
水の量が大さじ21杯になってて、間違いだろうと思ったんですけど、大さじ1なのか2なのか分からず、結局大さじ2で作ってみましたが、煮詰めてもカラメルに色が付きませんでした。。。
大さじ1だったのかなぁ(´・ω・`)
nin 2008年12月30日 14:26
きゃしーさん、こんにちは。
&間違いの指摘ありがとうございます。うわー、これは酷いや(苦笑。水は大さじ2杯に修正しました。大さじ21杯ってカップ約1と1/2杯(315cc)やん。

カラメルを作るのに、実は水はなくてもできるんです。ただ、水を混ぜたほうが一気に焦げることがなく失敗しにくいので水を混ぜるレシピにしました。
もしもう一度作る機会があれば、次の手順でやってみてください。

①フライパンにグラニュー糖を入れて水を加え、そのまま放置。
②水が広がってグラニュー糖全体が濡れたら火を点けて中火で加熱。
③最初はぶくぶくと大きな泡ができて透明になってきます。そこから時々かき混ぜながらじっと待ってると、小さい泡ができるようになりねばついた感じになります。
④そこからさらに待つと縁の部分から茶色に焦げ始め、縁の色が濃くなると共に少しずつ中央に向かって薄い茶色に変わり、泡立たなくなってきます。
⑤中央まで薄い茶色になったらりんご投入です。

カラメルは砂糖を焦がして作るものなので、地道に待ってみてください。
きゃしー 2009年01月01日 12:34
改めて詳しく説明していただいて、ありがとうございます。
鍋の方がいいかな。IHだからかな。と色々考えていました。
ほどよい甘さで、とっても美味しく家族にも好評だったので、ぜひまたチャレンジしたいと思います^^*
nin 2009年01月03日 13:17
きゃしーさん、こんにちは。
グラニュー糖を焦がしたりそのあとにりんごをまんべんなく煮たりするには鍋よりもフライパンのほうがやりやすいと思います。ただ、IHだとどうなのかはわかりません・・・使ったことないので(苦笑。でも、IHでも中華ができるくらいの火力というか熱量が得られるはずなので、カラメルもちゃんとできるとは思います。あるいは、タイミングがちょっと難しくなりますが水なしで作ってみるかですね。