腐竹扇貝(湯葉とホタテのうま煮)

腐竹扇貝(湯葉とホタテのうま煮)
湯葉と帆立貝柱を使ったうま煮です。湯葉は油通ししてあるので独自の食感を楽しめます。栄養バランスも良い一品。

材料 (4~6人分)

主材料
湯葉
大2枚
ピーマン
大3個
にんじん
大1個
エリンギ
大1個
帆立貝柱
中6個
豚ロース肉
200g
下味用調味料
適量
こしょう
適量
老酒
適量
卵白
少々
適量
混合調味料
しょうゆ
大さじ1
老酒
大さじ2
スープ
大さじ2
砂糖
小さじ2
仕上げ
水溶き片栗粉
大さじ1
大さじ1

1

ピーマンは種を取り除き、一口大に切る。にんじんは皮をむき、薄切りにする。エリンギは一口大そぎ切りにする。

2

湯葉は一口大に切り、片栗粉をまぶしておく。

3

帆立貝柱は、水気を取った後、2つにスライスし、下味(塩、こしょう、老酒、卵白少々、片栗粉)をつけて、手でまぜる。

4

豚ロース肉は食べやすい大きさに切り、下味(塩、こしょう、老酒、片栗粉)をつけて、手でまぜる。

5

鍋ならしした中華鍋に油をたっぷりと入れて160℃くらいに熱する。

6

豚ロース肉と帆立貝柱を油通しする。火が入ったらジャーレンにのせて油きりをする。

7

中華鍋の油を190℃に上げて、湯葉を油通しする。カリカリになったら、ジャーレンにのせて油きりをする。

8

ピーマン、にんじん、エリンギを油通しする。火が入ったら、ジャーレンに乗せて油きりをする。

9

中華鍋の油を寸胴などに移して、中華鍋を空にする。中華鍋を強火にかけて、油通しした材料をすべて戻す。

10

混合調味料を加えて、味がからむようにまぜる。水溶き片栗粉でとろみをつける。最後にごま油を加える。

11

皿に盛り付けて終わり。

コツ・ポイント

帆立貝柱の下味に少量の卵白を使うと食感が良くなります。また、帆立貝柱は火を通しすぎるとカタくなるので、通しすぎないようにしましょう。

このレシピの生い立ち

湯葉を使った中華料理をあまり見かけないため、中華の家常菜である八宝菜や家常豆腐をベースにアレンジしてみました。油通しした湯葉と対になる食感ということで、帆立貝柱を使ってみました。
レシピID : 799579 公開日 : 09/05/04 更新日 : 09/05/29

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

10/01/14

First tsukurepo mark
写真

中国出身者が「中国での味付けに近い」とパクパク食べていました。

きくじん

酒醸(チューニャン)を加えるとさらに本場の味になりますよ。